Logo Mark連載記事

Logo Markアーティストのボディケアそのフォーム、辛くない?〜ストラップの選びかた編

田野正樹

1983年生 栃木県出身。
整体師、リフレクソロジー(=足つぼ)セラピスト。

音楽専門学校を卒業後、東京にてブルースバンドのギタリストとして活動。
...

続きを読む

ギターストラップ。

ギター(ベース)を吊るして支えるそれはもう重要な、座って弾くときも使ったほうが良いのを考えると常時必須のアイテムですね。
参照:そのフォーム、辛くない?〜ギタリスト 座って弾くとき編

楽器屋さんに行けばいろんなメーカーのストラップが並んでいます。デザインをはじめ素材や、もちろん価格もさまざま。

ズラーっとたくさん吊るされてるのを見ると、初心者のかたなんかは何を選んだら良いか分からなくなりますよね。
※さんざん迷って、だいたいスタンダードにフェンダーかアーニーボールに落ち着く気がします 笑。

重さ3〜5kgにはなる楽器を支えるものですから、ストラップの良し悪しによって身体への負担も当然違いが出てきます。そこで本記事では、身体をラクにするストラップ選び、また長さのポイントを挙げてみたいと思います。

まず結論、ケチらずに良いもの使いましょう! もうこれだけです。ストラップについては、良いものイコール身体への負担を軽減してくれるものです。

具体的には…、
・クッション性のあるストラップを使いましょう。肩にあたる部分に充分な厚みがあるもの。安いペラッペラのものだと肩に食い込んで単純に痛いです。痛いから肩が張ります。

・滑り止めのついたストラップを使いましょう。ステージアクションで楽器の位置がずれないものです。ズルズル動いてしまうと当然弾きづらい。弾きづらいから、動かないようにと身体に余計な力が入ってしまいますよね。結果余計な負担がかかります。
弾きづらいイコール身体にも良くないということです。
あとは当然、弾きづらければ演奏のパフォーマンスも落ちるでしょう。
ひとえに楽器を弾きやすくしてくれるストラップ選びが絶対的な正解、正義ですね。そう考えるとシンプルです。

さて、選びかたについてはこんなところ。するとその後の悩みどころはやはり、ストラップの長さですよね。あんまり低いとネックを握る左手を変な角度にひねる形になるので、手首を痛めます。

腰の高さが良いとはよく言われますが、これはもう実際に構えてみて「あ、このへんがラクだな」っていうところを見つけるのが一番。もちろんビジュアルも大切ですので、姿見の前で微調整ですね。この辺はカルチャーとかポリシーも関わってくるので、難しいところではありますが 笑。
まあ、ほどほどに。

とにかくストラップについては、安物買いの銭失いが顕著に現れるものです。
もはや楽器の一部ですからしっかり選んで、楽器と身体をきちんと守って、きょうも素敵な音楽を奏でてください!

※写真は妻 使用カメラ:Canon EOS 6D MarkⅡ

執筆者に会える那須高原のリラクゼーションサロンはこちら。
那須高原のリラクゼーションサロン「akubi」

この記事への感想はこちらへどうぞ

この記事への感想を送る


田野正樹

1983年生 栃木県出身。
整体師、リフレクソロジー(=足つぼ)セラピスト。

音楽専門学校を卒業後、東京にてブルースバンドのギタリストとして活動。
...

続きを読む