執筆者

小川倫生

アイリッシュミュージックへの深い造詣と、美しいオリジナル曲とギターの音色を奏でる、フィンガーピッキング・ギタリスト。


1974年、栃木県鹿沼市生まれ。
5歳よりクラシックピアノを習い始め、14歳でギターを手にし、独学でマスターし、ほとんど同時に作曲を始める。
1990年、自主制作レーベル「Greenwind Records」設立。
1998年には同レーベルから1st. アルバム『太陽と羅針盤』をリリースし、ソロ・ギター界で話題になる。
1999年にギタリストのPeter Fingerが主宰するドイツのレーベルAMRのコンピレーションアルバム『Acoustic Guitar MADE IN JAPAN』に参加。
2007年2月、2006年の暮れにリリースされた4枚目のアルバム『PROMINENCE』がピーター・バラカン氏の番組「バラカンビート」で、タイトル曲の「PROMINENCE」が取り上げられる。
2012年にはオキャロランの曲をフィーチャーした、初のカバーアルバム『Si Bheag,Si Mhor/シーベグ・シーモア』を発表。
2014年、プロデューサーとして東日本大震災復興支援プロジェクトCD「木を植える音楽」を担当し、翌2015年7月、初のギターデュオアルバム『LAST TRAP/小川倫生&伊藤賢一』をリリースする。

現在までに、6タイトルのアコースティック・ギター・インストゥルメンタルのアルバムを発表。
ギターの可能性を広げる音響とそれを支えるテクニックに裏づけられた情緒的かつ繊細な楽曲が注目を集めている。

小川倫生さんのさらに詳しい情報はこちら
アーティスト紹介・小川倫生


オフィシャルサイト Facebookページ Twitter YouTube