Logo Markアーティスト紹介

Logo MarkAETA(イータ)

ジャンルにとらわれず、そのときに自分が聴きたいものを作る、というコンセプトのもと、不定期に作品を発表している。
座右の銘は『たかが音楽、されど音楽』。

趣味のアイデア料理をまとめたクックパッドのアクセス数は300万を突破。
レシピ本に掲載されたことも。
Processsingによる映像音声作品やUnityで3Dゲームを制作するなど、多方面にアンテナを貼りながら創作活動を続けている。

兵庫県生まれ。
中学の頃に音楽に目覚め、高校からエレキギターを弾き始める。
この頃からオリジナル曲を作り始め、バンド活動を開始。大学在学中はギター講師も務める。
就職後は音楽活動から遠ざかっていたものの、初音ミクの存在を知り再び作曲活動を再開。


オフィシャルサイト レーベル:KARENT Spotify Apple Music YouTube BOOTH cookpad Twitter

アイアイデンデンティティ

鬱屈した日々から逃れたくて作りました。疾走感あふれるイントロのギターから衝動的に畳み掛けるサビメロまで一気に聴かせます。
「Hard Rock Family Live in 札幌雪まつり 2019」の会場BGMとして流していただきました。

さよならメメントロジー

失恋ソングですがエレピとアコギのサウンドが耳に心地よいミドルテンポの曲です。
耳を適度にざわつかせるコード進行を入れるのが好きなのですが、これは特にお気に入りの一曲。
良質なポップソングを聴きたいあなたに。

SOPHIA

追い詰められて誰かにすがりつきたくなる気持ちをテーマに作りました。
シンセリードとギターの掛け合いが特徴的な曲です。
ヘビーなサウンドの中にリズムのフックを効かせたサビの爽快感、両者のコントラストがユニークだと思います。
珍しくギターソロを弾いています。

不快指数クライシス

嫌な気分も一瞬で吹き飛ばす軽快なイントロから始まるキラーチューン。
サビの「おっおー」で一緒に歌うもよし、ほっこりするもよしです。

First Contact

AETAとして活動を始めてから発表した8曲に書き下ろしの2曲を加えた初のフルアルバムです。
捻りの効いたギターリフが印象的な「Idolator」に始まり、カラオケでも配信されている「僕ラノセカイ」、「OVERHEAT!」などのハード路線の曲に加え、甘酸っぱさやほろ苦さ満載のポップチューン「ゼンシンゼンレイ」や「大キライ…」、そしてはやぶさ帰還のコンピレーションCDにも収録された「モノクロサテライト」など、万華鏡のようにキラキラした珠玉のサウンドに是非耳と心を委ねてみてください。

作品紹介サイトはこちら。
KARENT

応援コメントをお寄せください!

みなさんのコメントでアーティストをバックアップしよう!
作品感想やライヴやイベントの参戦感想、自分だけが知っているそのアーティストの良さ、他の人にも知ってもらいたいこのアーティストのすごいところ等々、是非お寄せください。
以下のフォームからコメントを投稿することができます。
運営者が不適切と判断した投稿については予告なく削除することがあります。