[ Spinart(スピナート) ] - あらゆる表現者・アーティストと出逢えるサイト

Logo Markアーティスト紹介

Logo Markアマノ無量塔

無量塔とは何なのか?
無量塔とは「続かない」の塔、
人がなにかを創りおいていく場所である。
永遠に続くものは無いという
始まりには必ず終わりがある
みんなの「続かない」が積み重なり
永遠に続く大きな塔になる
そして、無量の音楽が流れ続けるのだ。

さぁ、永遠を創ろうか


2011年3月、Vo.yorutaとGt.D氏がmixiメン募コミュニティで募集していた前身バンドに加入し、関東を中心に活動。
バンド解散の後、DTMで音源を配信するユニットとして「アマノ無量塔」結成。
2019年よりTwitterで音源公開、CD販売を中心に活動。
創作メンバーMARiAと映像制作やグッズ製作、人形アニメーション作家・吉田ヂロウがビジュアルデザインを担当するなど、アートワークを融合した幅広い活動を展開、注目を集める。
2022年6月からBa.しゅう、Dr.和也Rainbowを迎え、バンドとしての新たな活動をスタート。
同年8月13日新宿Marbleにて初ライブ決定。
今後は配信ライブや、バンド体制での新たな音源発表も期待される。

ディスコグラフィー
2020年4月28日、デジタル版「ウタラ・ウタリケ・ウタリケヘ」3曲Bandcampよりリリース。
2020年7月22日、音源CD-R「ウタラ・ウタリケ・ウタリケヘ」ディスクユニオンにてリリース。
2021年11月30日、デジタル1st. シングル「満たされて踊る箱」タワークラウドよりリリース。
2022年3月25日、1st. アルバム「クレオールの窓」全国発売。

メンバー
yoruta murata:Vo.
Dムラタ氏:Gt.
しゅう:Ba.
和也Rainbow:Dr.
吉田ヂロウ:デザインアートワーク
MARiA:スタッフ


オフィシャルサイト YouTube Twitter・オフィシャル Twitter・yoruta murata Twitter・Dムラタ氏 Twitter・しゅう Twitter・和也Rainbow Twitter・吉田ヂロウ

1st. シングル「満たされて踊る箱」

90年~00年代の影響を受けた激情的バンドサウンドと70年代のサブカルチャーを彷彿とさせる世界観が特徴的な個性派バンド。
ドゥームメタル、ポストハードコア、プログレッシブ、などの要素を感じるオルタナティブロック。
人形アニメーション作家・吉田ヂロウ氏とのコラボアートワークも魅力。

サブスク配信中!
タワークラウド

1st. アルバム「クレオールの窓」

待望の1st. アルバム全国で発売中!
2人組による破壊的バンドサウンドは、めまぐるしい曲の展開と変拍子、遊びのある楽曲で構成されたポスト・オルタナティブ、プログレッシブ。

収録曲
1. クレオールの窓
2. 満たされて踊る箱
3. あの子はもういない
4. チャカポコ
5. 視力アウフガーべ
6. 笑う月
7. 白詰草

告知MV「クレオールの窓」

1st. アルバム「クレオールの窓」の世界を垣間見ることのできる告知MV。

初期音源作品集「ウタラウタリケウタリケへ」

本作はアマノ無量塔の結成当初からスタジオセッションで作りあげられてたデモ音源を再録した初期作品集。
「砂」は前衛映画をモチーフにCDのA面として作曲された。
「忌み嫌い」ではジャケットに描かれた”斑猫”が歌詞を繋ぎ、そのB面の役割を担い、「翳り」で映画のエンドロールを飾る。

収録曲
1. 砂
2. 忌み嫌い
3. 翳り

CD完売。Bandcampではダウンロード発売継続中。

通販 bandcamp

応援コメントをお寄せください!

みなさんのコメントでアーティストをバックアップしよう!
作品感想やライヴやイベントの参戦感想、自分だけが知っているそのアーティストの良さ、他の人にも知ってもらいたいこのアーティストのすごいところ等々、是非お寄せください。
以下のフォームからコメントを投稿することができます。
運営者が不適切と判断した投稿については予告なく削除することがあります。