Logo Markアーティスト紹介

Logo MarkFATIMA

Heavy Rockをバックボーンに持つ楽器陣と90's中盤のHip Hopをバックボーンに持つRap陣とが融合し、独自のHeavy Mixture Soundを形成。重低音の唸りに絶妙に絡みつく、全編Rapの轟音をcheck it out!!

wacha(Gt.) がラップユニットN.B.S(PNK・racci)のライブを観戦。 Mixture Soundでのラップ表現を新たに模索していたN.B.S、ラップとバンドの融合によりまったく新しいものを表現しようとしていたwacha、両者の思惑が合致し意気投合。 当初は1回限定のプロジェクトとしての活動予定であったがライブの評判が上々だったことと、このユニットに無限な可能性を感じ、正式にパーマネントなバンドとして活動するべく2013年にFATIMAを結成。

メンバー
PNK:Vo.
racci:Vo.
Wacha:G.
141:B.
Taka:D.(サポート)


YouTube Facebook Twitter Hooky Records

3rd. シングル「Wrestle Mania」

ナチュラルハイなアッパーチューン!
テンションアップ間違いなし!

ヒップホップユニットN.B.S(PNK・racci)がクラブでラップしていた曲をWachaがバンドサウンドに再構築。鋭いギターサウンドと畳みかけるドラムが病みつきになるFATIMA結成当初からの楽曲。

目の前のリングで、戦っているような臨場感が感じられ、大一番に向かう人達へもってこいの一曲。プロレス好きの人達はリリックもよく聞いてほしい。何か発見があるかも!?

ナチュラルハイなアッパーチューン!​
テンションアップ間違いなし!

フォーマット:デジタル
発売日:2020.11.01​
品番:HOOK-0053

iTunes

2nd. シングル「Indy500」

一言でいうのであればFanky&Heavy!
軽快さと重さを合わせ持った渾身の1曲!!

「Indy500」はFATIMAに於いては特に異彩を放っている珍しいタイプの楽曲。

​​

ギターフレーズから制作する楽曲が多いが、本作は141(Ba)が弾いたスラップパターンからヒントを得て制作。元々Aメロは不協和音を使用し、あえてspookyなイメージを前面に押し出す曲として検討し、試行錯誤していた。また一方で比較的速目のBPMで曲を構成してみるというチャレンジを実行。それが見事にはまり、軽快で疾走感のある心地よいリズムの楽曲が完成し、現在の形となった。

​​

初の試みとなるオートチューンも採用し、実験的要素が満載の本作は重厚さだけではないFATIMAの新たな面を発見できる!なんと言っても楽しくなること間違いなし!軽快さと重厚さを併せ持った密かな一押し!

フォーマット:デジタル
発売日:2020.10.01​
品番:HOOK-0052

iTunes

1st. シングル「抜刀」

千葉発轟音系Heavy Mixture Band!
重低音の唸りに絶妙に絡みつく全編Rapの轟音!!

PNK、racciがクラブ用として依頼しwachaが作曲した、FATIMAお得意のミドルテンポで重厚な奥行きのある楽曲。

クラブだけには納まらず、枠を飛び出しバンドに波及。FATIMAの重厚かつ激しい演奏とその名の通り、懐刀を振り抜く鋭いリリックとフローで圧倒。これぞミクスチャーの神髄を存分に見せつける。"Simple is the best"の真骨頂!

フォーマット:デジタル
発売日:2020.09.01​
品番:HOOK-0051

iTunes

応援コメントをお寄せください!

みなさんのコメントでアーティストをバックアップしよう!
作品感想やライヴやイベントの参戦感想、自分だけが知っているそのアーティストの良さ、他の人にも知ってもらいたいこのアーティストのすごいところ等々、是非お寄せください。
以下のフォームからコメントを投稿することができます。
運営者が不適切と判断した投稿については予告なく削除することがあります。