[ Spinart(スピナート) ] - あらゆる表現者・アーティストと出逢えるサイト

Logo Markアーティスト紹介

Logo Mark故やす子(こやすこ)

2016年くらいから音楽活動開始、その後2019年からボカロPとして活動開始。
ギターやベースを主軸にロックな曲を作る。
普段はOLとして通勤電車に揺られる毎日を送っている、らしい。
アメリカのレーベルからアルバムを出すことが決定しており、本人の鼻息は荒い。
後述する故やす子バンドにも所属し、曲作りに励む。


故やす子バンドとは、OLボカロP・故やす子、リアル・オルタナティブ・ミュージック・レーベル不思議な庭企画主催の狂人ラッパー籠島雫 a.k.a. Mapeto、ゴアグラインド啓蒙系Vtuberしばちー、極上音楽aBiSyEikAh⊆のKatsumasa Motokiによる、発狂マスロック/アヴァン・ポップ・バンドである。
リリース間近の1st. アルバム「どんづまりSLAY部」は前代未聞の温故知新、水平の超狂気的にして快楽的、前代未聞のパンデミック化で産まれた 正に令和のゴジラ、文化の負の遺産と世の憎しみを包む芸術と反芸術のセックステープと言える軌跡の足跡である。

アルバムの中から挨拶として2曲 籠島雫へのビート提供や16年のDJ経験を持つPalladium AKIが2曲制作。


Twitter YouTube ニコニコ動画マイリス

シノフチ

ロックのアウトサイドでありヒップホップのアウトサイドであり、重ねた声は現代的ブラックメタルへの陵辱であり、歌っている籠島雫の”耽美”という名のポジティブパンクからヴィジュアル系、市民権すら獲得した、ナニモノにも染りたくない捻くれ者の矜恃である。
そして自慰である。しかしあらゆる紛争で散って行った人という宝への鎮魂歌として堂々と八百万の神々の様に鎮座しているのだ。

甘い誘惑

ゴアグラインドというパンク、メタルのなかでもゲテモノであり、ゴアグラインド啓蒙のためVtuberとして立ち上がったしばちーのシニカルな歌詞と、異常発狂が日常茶飯事なOLギタリスト・故やす子のしばちーとの”あらいいですね〜”の波が押し寄せて来て、60年代後半のNYジャズやロックの様に退廃的な変拍子と享楽的な歌詞が時代すらも超越してここで深い共犯関係から、萌えすらも平らげたユニバーサルなナンバーだ。

サンドリヨン

キヅミタさんというかたにボーカルパートをねじ込んでもらった合作、マスロック風なボカロ曲です。

応援コメントをお寄せください!

みなさんのコメントでアーティストをバックアップしよう!
作品感想やライヴやイベントの参戦感想、自分だけが知っているそのアーティストの良さ、他の人にも知ってもらいたいこのアーティストのすごいところ等々、是非お寄せください。
以下のフォームからコメントを投稿することができます。
運営者が不適切と判断した投稿については予告なく削除することがあります。