[ Spinart(スピナート) ] - あらゆる表現者・アーティストと出逢えるサイト

Logo Markアーティスト紹介

Logo Markキャラメルパンチ

2007年、石井ユウジ(Vo.Gt)が日本一周ストリートライブを敢行中、松本駅前で日本全国放浪の旅中のタンクボール(Ba)と出逢い、2年後の2009年キャラメルパンチを結成。サポートドラマーとしてシュウゴ(YKJ)を迎える。
ズバ抜けた熱量のライブと熱くストレートなメッセージソングや熱くコミカルな楽曲の数々は、観るもの聴くもののハートを掴んで止まない。
現在に至るまで、井上良輔、堀内翔平と2回のドラムメンバーチェンジを行うが現在は初期のメンバーに戻り、唯一無二のキャラパンスタイルの追求に猪突猛進中。
一言で言うならば、体育会系正統派スリーピースロックバンド。情熱の先へ、突き抜ける蒼を見に行こう!!


キャラメルパンチ 公式サイト YouTube Twitter Facebook Instagram

プーケムの涙(feat.塩で焼いて唄う)

蟹の塩漬けを邦ロックど真ん中!!

キャラメルパンチ、サブYouTubeチャンネル「塩で焼いて唄う」にてタイのイサーン料理で使われるプーケム(蟹の塩漬け)を食した感想がこの曲である。

蟹の鋭利なカッコよさをギターリフやビートで表現し、際立つ塩味を"乾いた涙"に例えた。
火を通した際に発生したズバ抜けた臭さはストレートに歌詞に認め、Aメロのギターのフレーズに於いてもその漂う異臭を表現している。
キーワードである"沢蟹"や"イサーン"、"寄生虫"を曲中に散りばめた言葉遊びも鼻で笑える程度には面白い。
サビになると若干ストーリー性やメッセージ性のある歌詞にもなっており青春ドラマを彷彿とさせる世界観にやや心を打たれはしないだろうか。

キャラメルパンチらしいサウンドメイクや絶妙にウネるベースライン、完全に邦ロックの芯を突くアレンジも相まって一曲通して聴いていると蟹の歌であることをついつい忘れてしまうがこれだけは忘れないでほしい。
この歌は"蟹の塩漬け"の歌であるということを。

フォーマット:デジタル
発売日:2021.7.1.
品番:HOOK-0076

iTunes

詳細はこちらのページへ
Hooky Records

スンデカムサハムニダ(feat.塩で焼いて唄う)

軍歌を無駄にロックアレンジです。

キャラメルパンチ サブYouTubeチャンネル【塩で焼いて唄う】にて韓国の伝統料理"スンデ"を食し、更に韓国ではポピュラーな飲み物である"シッケ"と"スジョンガ"を飲んだ感想がこの歌である。
スンデが高麗時代(918~1392)に北方からのモンゴル軍侵入とともに伝わったモンゴル式腸詰という説があることから軍歌色の強い曲となった。

チャンネル内で石井が「問題作」というだけあって群を抜いた奇抜さで突き抜けている。
どんなにキャラメルパンチを好いている人でも疑問を抱くことは想像に難くない。
韓国テイストの言葉遊びやアジア大陸をイメージするようなサビのモチーフも勿論耳に残るが、軍歌をロックで表現するにあたりエレキギターのツインのオブリガードが前のめりで際立つ。
ギターソロはシンプルだが上物アレンジの大部分をエレキギターで完結させた石井の覚悟がそのニュアンスから伝わってくる。

曲調に加え普段の楽曲よりもボーカルのピッチをボトムに落としたことで普段はあまり聴くことの無い声色も新鮮だ。
そして明らかにふざけた歌詞ではあるがよくよく読み直してみると平和を望むメッセージソングとなっている。
ただただふざけてお終いではなく楽曲を生み出すことに少しでも意味をもたらしてくれる所がキャラメルパンチらしい。
ボーカルレコーディングの際は腕を振りながら唄うことで魂と力強さを声に込めたと石井は語る。

そして改めて想うのは、「この曲を聴いて一体誰が喜ぶのだろう」ということだ。

フォーマット:デジタル
発売日:2021.5.12.
品番:HOOK-0070

iTunes

詳細はこちらのページへ
Hooky Records

イッサが焼いたリングイッサ(feat.塩で焼いて唄う)

"イッサイッサ!みんなでリングイッサ!!

キャラメルパンチ サブYouTubeチャンネル【塩で焼いて唄う】にてブラジル発祥の巨大渦巻きソーセージ"リングイッサ"を食した感想を曲にしたもの。
バーベキュースキュアーを三方から刺したフォルムが船の面舵の様に見えたことがこの楽曲の方向性の決め手となった。

キャッチーなシンガロングと王道クラップでイントロから突き抜ける爽快感とテンション。
遊び心満点の歌詞とは裏腹に展開していく真面目なメロディと壮大なアンサンブルに自然と心が引き込まれていく。
そして意外にも初めての試みである"語り"も熱く感情のレンジを広げている。
とことん畳み掛けるリフレインに心が震えるが冷静に捉えると意味不明。
ただそれこそが音楽の力であり面白さなんだと石井ユウジは言う。

大胆に盛り込まれた遊びと音楽クリエイターとしての本気が入り乱れた文句無しの一曲であるが忘れることなかれ、この曲がどこまで行ってもソーセージの歌だということを。
人の心はソーセージを熱唱することで確かに震えるのだ!

フォーマット:デジタル
発売日:2021.4.28.
品番:HOOK-0069

iTunes

詳細はこちらのページへ
Hooky Records

GOPがくれた物語り(feat.塩で焼いて唄う)

"本当の幸せ"をテーマに綴る至高の冬ソング。

YouTubeチャンネル【塩で焼いて唄う】第5弾シングル。ゴップ、グルヌイユなどと呼ばれる世界各国で食用として用いられているカエルを歌った一曲。クリスマス色の強さは撮影の日程が12月の末であったことや味と食感がほぼ鶏肉と同じであったことが大きく影響している。

最高な食事とは何だろう?

"何を食べるか"ではなく"誰と食べるか"ではないだろうか?今作にはそのカエルをメンバー達とくだらない事を言い合いながら楽しく焼き上げ、塩だけの味付けにも関わらずとても美味しく感じることができたという石井の想いが彼のフィルターを介し存分に溢れている。

笑ってしまうような歌詞の中にも何故か心にグッときてしまう"感動の本質"を突くようなメロディーや言葉遊び、そして本気のアレンジに心がジェットコースターのように揺さぶられる。真面目な想いをコメディタッチで奏でるのか、コメディを真面目な想いで奏でるのか。今作は今のキャラメルパンチに対し疑問を抱く人にも是非先入観無しで聴いてもらいたい。

そして「今までを知らない人にも存分に笑って泣いて欲しい一曲」だと石井は語る。【塩で焼いて唄う】にて生まれる楽曲のそれぞれがただふざけただけのモノではないことが前作「インドの英雄ラーマ (feat.塩で焼いて唄う)」から今作にかけては強く感じ取ることができる。

ラストの「ずっとこのまま続かないからこそ愛おしいんだよ。」という普遍的な言葉が力強く胸に響くのはこの曲が紛れもない"カエルの歌"だからだろう。甘さを引き立てる為に塩をふっているのと同じ原理である。そしてこの文章を読んでいるあなたは紛れもなく【塩で焼いて唄う】に心を掴まれている。それに関しては私からも心から感謝を述べたい。

フォーマット:デジタル
発売日:2021.3.10.
品番:HOOK-0066

iTunes

詳細はこちらのページへ
Hooky Records

インドの英雄ラーマ(feat.塩で焼いて唄う)

超絶ハイトーンをビッグバンドでロック!!
YouTubeチャンネル「塩で焼いて唄う」第4弾シングル。

"ドライロチヤ"という、焼くとスルメの10倍の臭いを放つ食材(魚)のバックボーンにフィーチャーした楽曲。
過去から現在に至るまで南アジアの食を大いに支えるにも関わらずインドの伝説上では悪者とされた"ロチヤ側"の正義も汲み取るべきだと感じた石井ユウジがラーマーヤナに対しアンチテーゼを投げかけている。
ロチヤの持つアウトサイダー感をコード進行で、見た目のスタイリッシュさをサビの疾走感で表現している。
キャラメルパンチとしては初のホーンセクションと南アジアをイメージした不協和音を使ったオブリが何ともクセになる。

「feat.塩で焼いて唄う」ならではの枠に囚われない音色やフレーズ、また石井の卓越したハイトーンボイスに彼らの"成長に対する飽くなき情熱"を垣間見ることができる。
石井は「戦隊モノを意識したダサかっこいいアレンジができた!」と言う。
その傍らで「元々もっとウネっていたクロくんのベースを敢えてシンプルにしてもらったのには心が痛んだ」と語る。

「インドの英雄ラーマ」というワードに言葉にならない不思議な熱い感情を抱いたならばそれはもう「feat.塩で焼いて唄う」にハートを掴まれている。
ひとつ念を押しておくがこの曲はドライロチヤという干物の歌である。
そしてラーマの肌は青い。

フォーマット:デジタル
発売日:2021.2.24.
品番:HOOK-0062

iTunes

詳細はこちらのページへ
Hooky Records

応援コメントをお寄せください!

みなさんのコメントでアーティストをバックアップしよう!
作品感想やライヴやイベントの参戦感想、自分だけが知っているそのアーティストの良さ、他の人にも知ってもらいたいこのアーティストのすごいところ等々、是非お寄せください。
以下のフォームからコメントを投稿することができます。
運営者が不適切と判断した投稿については予告なく削除することがあります。