[ Spinart(スピナート) ] - あらゆる表現者・アーティストと出逢えるサイト

Logo Markアーティスト紹介

Logo MarkKAZUNO

千葉県柏市を拠点に活動するシンガーソングライター。

2018年、日本の社会課題である超高齢化、ストレス過多社会を「音楽で心を強く豊かにできる社会にする」ため、 柏で音楽を楽しむグループ「Kashiwa K.O.G」の運営を開始。
グループにすることでバンドメンバーのシェアリングを実現し、バンド活動を推進。
幅広い年齢層の音楽好き仲間とのバンド出演、高齢者施設の介護レクレーション活動などを行う。
2019年、Music Planet、M'sRecordsといった2つのボーカルオーディションに合格し、「家族の変わらぬ愛」をテーマにした初のオリジナル楽曲「紫蘭の花」をリリース。
2020年、アコースティックギターの弾き語りシンガーソングライターとして、「大切な人との時間」などをテーマにしたシンプルで柔らかい曲を中心に1年間で約20曲のオリジナル楽曲を制作。
2021年、初の1st. ミニアルバム「Living」をリリース。
現在は自由が丘「Grancert」で毎月1回ライブに出演しながら、次の楽曲リリースに向けて制作中。


オフィシャルサイト unitive Twitter YouTube

1st. ミニアルバム「Living」

自然の美しさを歌った「夜明け」、家族との大切な時間を歌った「リビング」、夏休みが終わる頃に祖母との思い出を思い出すといった内容の「蜻蛉」、子供から見た大人をロックでポップに表現した「SUPER HERO」や「ひみつ基地」、大人や自立を意識するタイミングを問いかけた「青空」など、大人だからこそ描ける世界観でシンプルで口ずさみながら聴けるような楽曲が多く収録されている。

収録曲
1. 夜明け
2. リビング
3. 蜻蛉
4. SUPER HERO
5. ひみつ基地
6. 青空

2021年7月10日リリース。
iTunes、Spotify、Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。
各種サブスクメディア

1st. シングル「紫蘭の花」

「紫蘭の花」の花は、どんなことがあっても自分を大切に思う家族の「無償の愛」をテーマに歌った歌になります。
紫蘭は日本でも5月~6月に咲く花で、花言葉で「美しい姿」や「変わらぬ愛」といった意味を持っています。
ここ数年、日本国内においても世界各地においても深刻な環境問題や自然災害の増加、便利になる一方で犠牲もある情報社会、昨年から継続しているコロナ騒動など日々不安になることが多いと思います。
そのような中で自分がどんな境遇になっていても、離れていても、自分を応援してくれる存在がいるだけで日々前向きに生きていくことができるようになるといったメッセージが込められています。

2021年1月24日リリース。 iTunes、Spotify、LINE musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。
JOYSOUNDにて配信中。
各種サブスクメディア
JOYSOUND

MV「紫蘭の花」

1st. シングル「紫蘭の花」のMV。

応援コメントをお寄せください!

みなさんのコメントでアーティストをバックアップしよう!
作品感想やライヴやイベントの参戦感想、自分だけが知っているそのアーティストの良さ、他の人にも知ってもらいたいこのアーティストのすごいところ等々、是非お寄せください。
以下のフォームからコメントを投稿することができます。
運営者が不適切と判断した投稿については予告なく削除することがあります。