[ Spinart(スピナート) ] - あらゆる表現者・アーティストと出逢えるサイト

Logo Markアーティスト紹介

Logo MarkKAZUNO

千葉県柏市をベースに活動するシンガーソングライター。

千葉県柏市をベースに活動するシンガーソングライター。
2018年、日本の社会課題である超高齢化、ストレス過多社会を「音楽で心を強く豊かにできる社会にする」ため、 柏で音楽を楽しむグループ「Kashiwa K.O.G」の運営を開始。
幅広い年齢層の音楽好き仲間とのバンド出演、高齢者施設の介護レクレーション活動などを行う。
2019年、2つのボーカルオーディションに合格。「家族の変わらぬ愛」をテーマにしたオリジナル楽曲「紫蘭の花」をリリース。
2020年、アコースティックギターの弾き語りシンガーソングライターとして、「大切な人との時間」などをテーマにしたシンプルで柔らかい曲を中心に、1年間で約20曲のオリジナル楽曲を制作。
現在は、自由が丘「Grancert」で毎月1回ライブに出演中。


オフィシャルサイト unitive Twitter YouTube


Spinartアーティストの主張・記事掲載中。
日本音楽の年齢の壁を壊したい!

音楽作品「紫蘭の花」

2021年1月24日、iTunes、Spotify、LINE musicなどダウンロード販売開始。
JOYSOUNDにて配信中!

溢れてくる 気持ちを言葉に 替えるとしたら
「変わらぬ愛」という 花言葉浮かべたよ紫蘭の花を
あなたに贈ります 大切に咲かせよう

たとえあの太陽が 沈んだとしても
今見てる 景色は変わらない
あなたと生きる それがすべて

あなたのこと 思うと涙が溢れてくるよ
『美しい姿』花言葉が似合うよ 紫蘭の歌を
あなたに届けます 大切に奏でよう

たとえこの大空が 黒く染まっても今見てる
景色は変わらない あなたと生きるそれが全て

人を許す強さ 守り助け合い信じあう
大切さの意味を 教えてくれたあなたへと

たとえあの太陽が 沈んだとしても今見てる
景色は変わらない ありのままの自分で良い
たとえこの大空が 黒く染まっても今見てる
景色は変わらない あなたと生きるそれが全て

『紫蘭の花』の花は、どんなことがあっても自分を大切に思う家族の『無償の愛』をテーマに歌った歌になります。
紫蘭は日本でも5月~6月に咲く花で、花言葉で『美しい姿』や『変わらぬ愛』といった意味を持っています。
ここ数年、日本国内においても世界各地においても深刻な環境問題や自然災害の増加、便利になる一方で犠牲もある情報社会、昨年から継続しているコロナ騒動など日々不安になることが多いと思います。
そのような中で自分がどんな境遇になっていても、離れていても、自分を応援してくれる存在がいるだけで日々前向きに生きていくことができるようになるといったメッセージが込められています。

iTunes Spotify LINE music JOYSOUND

動画「湖」

『湖』自然の神秘と人生の神秘さを掛け合わせて表現した曲。
毎月1回、自由が丘「Grancert」で出演しているライブの動画になります。

動画「Cheering」

iTunes、Amazon musicにてダウンロード販売中。
毎月1回、自由が丘「Grancert」で出演しているライブの動画になります。

サブスク配信メディア一覧

応援コメントをお寄せください!

みなさんのコメントでアーティストをバックアップしよう!
作品感想やライヴやイベントの参戦感想、自分だけが知っているそのアーティストの良さ、他の人にも知ってもらいたいこのアーティストのすごいところ等々、是非お寄せください。
以下のフォームからコメントを投稿することができます。
運営者が不適切と判断した投稿については予告なく削除することがあります。