連載記事

iPhoneで行こう!iPhone Xを使ってみて感じたこと

藤田 拓人

1966年、栃木県出身。イッセイ・ミヤケ、トキオ・クマガイなどのアパレル勤務を経て、1994年に洋服販売会社を設立。東京、神奈川、新潟にて婦人服・雑貨のショップ展開を行う。1999年にショップを...

続きを読む

2017年11月3日のiPhone X発売日に、予定通り自宅受け取りで届いたiPhone X。
数日使ってみて感じたことを書いておきましょう。購入を悩んでいる方の一助になればいいかな。

Face ID

iPhone Xの目玉の新機能はFace IDだろう。登録は2度顔を回しながらスキャンするだけ。あっという間に登録が完了する。こんな簡単な登録だけできちんと動作するのだろうかと心配になるくらいあっという間に終わる。

初期設定後のFace IDの使い勝手は素晴らしいの一言に尽きる。指紋認証はその都度指を押し当てて認証していたが、顔認証は画面を見るだけだから手間が全くかからない。認証しているという実感すらない。 Face IDはロック解除だけでなく、アプリの購入Safariでパスワード入力が必要な場面や、アプリ購入時などでも使用する。

ホームボタンがないこと

これは実際に使ってみると全く問題がないことに驚いた。ホームボタンをクリックすることを、画面下部のバーを上にスワイプすることに置き換えたわけだが、悩むこともなく慣れてしまった。時折iPhone 8 Plusを操作すると、逆にこの操作をしてしまうくらい自然な動作なのかもしれない。

簡易アクセス

iPhone Xのデフォルトではオフにされているので、初期設定が完了したところで、簡易アクセスをオンしておいたほうがいいだろう。 iPhone 8以前でホームボタンをダブルタップすると動作した簡易アクセスは、iPhone Xでは画面下部のバーを下にスワイプだ。ただこれはどのあたりを起点にするのかが曖昧なのだ。バーの上ではうまく動作しないので、バーの少し上あたりを起点に下へスワイプするとよい。Safariなどボタンバーがあるアプリの場合、そのアイコンボタンから下ヘスワイプしても動作する。どうもこの曖昧な感じがスッキリしないのだが、動作するのでそうしているといったところだ。

電源オフ、Siri、ウォレット、画面キャプチャ

本体右にある電源ボタンは、iPhone Xではサイドボタンという名称に変わった。電源オンは今まで通りだが、電源オフは今までのように長押しするとSiriが起動してしまうのでご注意。電源オフはサイドボタンとボリュームアップボタンの同時長押しに変更になった。サイドボタンとボリュームダウンボタンの同時押しは画面キャプチャ。 サイドボタンは、ダブルクリックでウォレットが表示され、長押しでSiri起動。

この記事への感想はこちらへどうぞ

この記事への感想を送る

藤田 拓人

1966年、栃木県出身。イッセイ・ミヤケ、トキオ・クマガイなどのアパレル勤務を経て、1994年に洋服販売会社を設立。東京、神奈川、新潟にて婦人服・雑貨のショップ展開を行う。1999年にショップを...

続きを読む

コメントする