Logo Mark連載記事

Logo MarkSpinart YouTubeD'sun「涙の雫」 - ラジオ「WOORKSシミズのわくわくWOORKStyle」今月の楽曲アーカイヴ

スピナート動画部

アーティストを支援するサイト「Spinart(スピナート)」が、主にYouTube上のチャンネルで展開する動画コンテンツの更新情報をお届けします。
Spinart YouTubeチ...

続きを読む

紫水勇太郎がパーソナリティーを務めるRadio Camnetのネットラジオ番組「WOORKSシミズのわくわくWOORKStyle」。その番組内コーナー「今月の楽曲」でご紹介したアーティストさんを、その部分だけを切り出してYouTubeでアーカイヴ公開しました!

今回公開したのは…。
第80回 2018/12/10
D'sun「涙の雫」
以下のYouTubeリンクからご覧ください!

D'sunさんの詳細はこちら。
アーティスト紹介・D'sun

D'sun「涙の雫」

Radio Camnetのネットラジオ番組
「WOORKSシミズのわくわくWOORKStyle」
第80回 2018/12/10

[ シミズのトークからの抜粋 ]
はい、D'sunさんで「涙の雫」という曲でございました。
いかがでしょうか。
あの実はですね、この番組でこういったラップ系っていうんですかね…の曲をかけるっていうのがですね、おそらく初めてなんじゃないかなと思いますね。
なんでかといいますと実は正直言いましてですね、このジャンルってあのあまりいいなあと思うことがこれまでなくて、大抵は…いや聞くんですよ、けっこう聞くんですけど、あの大抵はなんかこうアメリカのね、有名ミュージシャンがやっているようなとか、まぁどっかで聞いたことのあるような感じのものの焼き直しっぽいなぁなんて思っちゃったりとかですね、肝心の言葉がリズムにちゃんと乗れてないなぁなんて思っちゃったり ですね、そもそも語彙がね、少なすぎだろーとか思っちゃったりとかですね、まぁなんだかなぁと思うことの方が多くて、実はのお誘いできずにいたんですよ、このジャンルって。
でもD'sunさんのこの「涙の雫」っていうのを聞かせていただいたときに、あれなんかこれって好きかもって正直素直に思ったんですよね。
こういうサックス的な音をリフとして使うっていうこと自体がね、ラップに限らずあらゆるジャンルであんまり多くないアプローチだと思いましたし、それにこうとても良くマッチした遅めのテンポの言葉回しも、なんかとってもいい味だなぁなんて思ったりした次第なんですけれども、こういうアプローチの一つ一つがつまりはありきたりなものじゃなくて、ちゃんとD'sunさんの個性とか味をきちんと出そうとしている姿勢に伝わってくるようでなんかとても印象深かったんですよね。
(以下、本編をお聞きください。)

YouTube再生リストで連続再生

こちらは「WOORKSシミズのわくわくWOORKStyle」今月の楽曲をYouTube再生リストにまとめたもの。
こちらで再生すると、現在アップされているコンテンツを連続再生することができます。

こちらの動画リンクが動作しない場合はこちらからご覧ください。
YouTube再生リスト


スピナート動画部

アーティストを支援するサイト「Spinart(スピナート)」が、主にYouTube上のチャンネルで展開する動画コンテンツの更新情報をお届けします。
Spinart YouTubeチ...

続きを読む

関連記事

準備中