Logo Mark連載記事

Logo MarkSpinart YouTubeTHE FLYING BED「Surrender」 - ラジオ「WOORKSシミズのわくわくWOORKStyle」今月の楽曲アーカイヴ

スピナート動画部

アーティストを支援するサイト「Spinart(スピナート)」が、主にYouTube上のチャンネルで展開する動画コンテンツの更新情報をお届けします。
Spinart YouTubeチ...

続きを読む

紫水勇太郎がパーソナリティーを務めるRadio Camnetのネットラジオ番組「WOORKSシミズのわくわくWOORKStyle」。その番組内コーナー「今月の楽曲」でご紹介したアーティストさんを、その部分だけを切り出してYouTubeでアーカイヴ公開しました!

今回公開したのは…。
第89回 2019/09/10
THE FLYING BED「Surrender」
以下のYouTubeリンクからご覧ください!

THE FLYING BEDさんの詳細はこちら。
アーティスト紹介・THE FLYING BED

THE FLYING BED「Surrender」

Radio Camnetのネットラジオ番組
「WOORKSシミズのわくわくWOORKStyle」
第89回 2019/09/10

[ シミズのトークからの抜粋 ]
はい、THE FLYING BEDさんで「Surrender」という曲でございました。
こちらも新しいし挑戦的で素晴らしい。
本当に、自分だけしかできない、持ち得ない自分のスタイルっていうのをね、しっかり持ってて、それを表現し切ろうとしている姿勢が感じられてね、素敵だし、引き込まれますね。
このアンビエントな感じ。
もうとっても特徴的なね、音像にね、惹きこまれまし、記憶に残りますよねぇ。
でね、実は歌われている言葉そのものがとっても素敵と思いましたね。
こういう具象的ではない言葉の表現って、失敗するとどの曲にでも使えそうな言葉の羅列に陥ったりなんてこともよくあるんですけれども、この曲の中の言葉はね、具体的でないように感じるのに不思議なほどに描かれている状況が目に浮かんでくるような感じがするんですよね。
この言葉を送り出すためにあるメロディーたちとのマッチングが素晴らしいとか、そういうこともあるんだろうと思うんですけどね。
メロディーが本当に素敵なリフのようにね、機能しているなぁなというふうに思いました。
声の重ね方なんかもね、とてもハイセンスだなぁと思いましたね。
最後にブツってキレるこれ、いいですよね。
好きです、はい。
のめって聞いてるとあれ?ってぶん投げられるこの感じ、ツンデレ、好きですね。
で、その無音の中になんとなく余韻を感じちゃうんですよね。
そうねちょっと思ったのはあの、曲の中で1箇所ぐらい、Noエフェクトのクソ固い音でパキっと伝える言葉が一個あったら、なんかそれがその無音のところでめちゃくちゃリフレインにするかもしれないなって、頭の中に残ったりしそうなんてことを思いましたね。
それくらい言葉とそれを伝える楽曲の表現が素晴らしいなと思ったら、なんかちょっと思っちゃったという次第でございます。
(以下、本編をお聞きください。)

YouTube再生リストで連続再生

こちらは「WOORKSシミズのわくわくWOORKStyle」今月の楽曲をYouTube再生リストにまとめたもの。
こちらで再生すると、現在アップされているコンテンツを連続再生することができます。

こちらの動画リンクが動作しない場合はこちらからご覧ください。
YouTube再生リスト


スピナート動画部

アーティストを支援するサイト「Spinart(スピナート)」が、主にYouTube上のチャンネルで展開する動画コンテンツの更新情報をお届けします。
Spinart YouTubeチ...

続きを読む

関連記事

準備中