Logo Mark連載記事

Logo Mark音にのせる胸のうち作詞作曲

ツルタハル

小中高を通して吹奏楽部に所属し音楽の楽しさを知る。20代から本格的に音楽活動開始。主に美術館、カフェ、レストラン、ホテル等で演奏し好評を得る。
結婚、出産を経て子育てに専念。11年...

続きを読む

さぁ、新しい時代が始まる!
「令和」
どんな ステキな事が待っているんだろう。
根拠のない期待をもって過ごそう(笑)

さて、作詞作曲について振り返ってみようと思う。
オリジナル曲を作って歌ったり、
オカリナを吹いておりますが、
どんな風に作るのか。
詩が先だったり、曲が先だったり、いろんなパターンがあるが、
ワタシの場合は、どうなんだろう。
作る過程をあんまり考えた事がないので、
今回、考えてみようと思う。

歌詞とメロディーが同時だったり、
ギターを弾いて、気に入ったコードの流れにメロディーを入れたり。
歌詞を書いておいたノートから使う時もあれば、その時考える時もある。
いいメロディーと歌詞が思いついたら、
忘れてしまうのでiPhoneのメモに録音する。

あ、いい言葉!て思った時は、すぐにメモ。以前、キリムの絨毯のギャラリーに伺った時、使っていくうちに、色が馴染む事を、「色が沈む」というと聞いて、ステキ!!!と感じた事がある。
普段、耳にしない言い回しや言葉に出会ったときは、とても嬉しい。

楽曲制作って、やる気が溢れた時、表現したくてたまらない時。
逆に、全くそんな気持ちにならない時もある。
ワタシは、自分の感情に従ってやる。
無理はしない。これ大切。
無理をしても納得のいくものが出来るわけでない。

自分で考えたものを、カラダから出し、
他者に聴いてもらう。
この作業は、
「ワタシ」を認めてもらいたいんだろうなぁ。きっと。
そして、それが生きている証。
自分の作ったものを形にして
残すってとても大切な事。
言葉にするのは苦手なワタシは、
「音楽」を通して、
ワタシを知ってもらい、他者と関わるのだ。

ワタシが表現したい事って、ココロの奥の闇かな。なかなか明るい曲は作らない(笑)
暗い曲が好き(°∀°)笑
それは、オカリナの曲も同じ。
ワタシの中で、歌う事とオカリナを吹く事は同じ事だから。

これからも、曲を作っていこう。
言葉にならない思いを、曲にして表現していこう。

この記事への感想はこちらへどうぞ

この記事への感想を送る

以下のコメント送信フォームは現在調整中です。
感想は上記ボタンよりメールで送信ください。


ツルタハル

小中高を通して吹奏楽部に所属し音楽の楽しさを知る。20代から本格的に音楽活動開始。主に美術館、カフェ、レストラン、ホテル等で演奏し好評を得る。
結婚、出産を経て子育てに専念。11年...

続きを読む