執筆者

ツルタハル

小中高を通して吹奏楽部に所属し音楽の楽しさを知る。20代から本格的に音楽活動開始。主に美術館、カフェ、レストラン、ホテル等で演奏し好評を得る。
結婚、出産を経て子育てに専念。11年間活動休止していたが、子どもが小学生になったのを機にまた音楽活動を再開。
現在は宇都宮を中心に活動中。
2016年5月よりコミュニティセンターにてオカリナ講師を務めている。

アーティスト 『ツルタハル』として、オカリナだけでなく、弾き語り、そして楽曲依頼などを受け、好評を得ている。(卵明舎、下野豆富あらた家)

アーティスト紹介・ツルタ ハル


CD作品も販売中

自主制作CD「soboku」
大きさの違う4つのオカリナで奏でる世界。
YouTubeで試聴できます。
YouTube

自主制作CD「ハル世界」
全ての曲の歌詞に月が出てきます。
YouTubeで試聴できます。
YouTube

ご購入はこちらから。
ハル商店


ライブスケジュールなどはこちらから

ブログ「ツルタハル日記」
ツルタハル日記

YouTubeで弾き語り動画等も公開中。
YouTube


カラダのこと

28歳のとき、自己免疫疾患の混合性結合組織病を発症。
元気だけが取り柄の能天気なワタシが突然、難病患者となる。
その日から、『人生とはなにがあるか分からないものだ』と思いながら、楽しい事を探して生きている。
好きな音楽なら出来るはず…と信じて。


ツルタハルへのお問い合せはこちら
問い合わせメール

脳内伝言板アートとの出逢い

白砂勝敏(Shirasuna Katsutoshi)

音にのせる胸のうち作詞作曲

ツルタハル

水彩画を描いている時交差点

村田收(ムラタオサム)

音の庵温故知新の日々。

たなかまさや。

水彩画を描いている時自己紹介・留学からYouTubeまで

村田收(ムラタオサム)

音にのせる胸のうち大切なもの

ツルタハル

音の庵スピーカーのお話し。

たなかまさや。

音の庵ヘッドフォンのお話し。

たなかまさや。

音の庵1982

たなかまさや。

音の庵はじめまして。

たなかまさや。

なにか創るとうれしくてまずはご挨拶を兼ねて

紫水勇太郎・清水 豊