Logo Mark連載記事

Logo Mark音にのせる胸のうちSNSで出会ったバンド

ツルタハル

小中高を通して吹奏楽部に所属し音楽の楽しさを知る。20代から本格的に音楽活動開始。主に美術館、カフェ、レストラン、ホテル等で演奏し好評を得る。
結婚、出産を経て子育てに専念。11年...

続きを読む

音楽アプリで出会った人たちと
楽曲制作し、実際にライブもした話。

いやぁ、すごい世の中だ。
実際に会ったことのない人と音を奏でられるのだ。
出会いは音。その人が出す音が先。
自分の好みのミュージシャンを探せる。
そして、だんだん同じようなイメージを持った人が集まり、SNS上で、オリジナルを制作していく。

「昭和」をテーマにしたバンド
「ハルブルースとベルベット90」が誕生した。
構成は、ボーカル、ギター、ピアノ、ベース、ドラム。
ドラムは、北海道在住だ。
SNS上では、場所は関係ない。

さて、どうやって、楽曲制作していくか。
色んなパターンがあるが、
ギターの人が、一番始めに録音して、
それを聴いて、みんなそれぞれ録音していく。
「みんなそれぞれ」ここが面白い!
大切なのは、イメージだ。
みんないい感じで、音を重ねていく。
イメージが一致しているのだろう。
これは、毎回すごいと思う!

音が最初に出会っているから、
イメージが一致する人が集まるのかな。

こちら、初期のほうに作ったもの。

クールな女に憧れて
赤提灯ブルース

実際に会っても、なんだろ…安心感がある。
会う前に、SNS上でやりとりをしているからなのか。音を聴いているからなのか。
その人が表現する音楽から、人柄って分かる気がする。
みんなぞれぞれ住んでる所が違うので、
なかなか会えないけど、
スマホの中ではいつでも会える。
昨今、SNSで、色んな事件もあるけど
SNSは捨てたもんじゃない。とてもいい出会いも存在する。
私はこの出会いに感謝している。
普通に生活していたら、間違いなく出会っていない人たち。
そう考えると、本当に面白い。

失意

過去に、数回イベントを宇都宮で開催しているが、それはそれはエキサイティング。北は北海道、南は沖縄。
音楽アプリで出会った人たちが、実際に目の前にいるわけだ。
初めて会った時、初めての気がしなかったなぁ。不思議だ。
なにより私を分かってもらえているという安心感がある。

普段は、一人で活動しているので、
バントというのは貴重だ。
メンバーのみんなから、色んな刺激をもらえる。
ライブが終わり、イベントの出演者、お客様と、翌日みんなで餃子を食べ、
お別れ時は、毎回、号泣してしまう(T_T)
みんなが好き過ぎて、バイバイするのが悲しくて悲しくて。
大人になって、
こんな体験が出来るなんて思っていなかった。

《まとめ》(゚∀゚)
SNS、捨てたもんじゃない。
こんなステキな出会いもあるのだ。

クールな女に憧れて / ハルブルースとベルベット90

作詞:はる
作曲:midnight

vo:はる
guitar:midnight
bass:gotoh
dram:chadmatsu

赤提灯ブルース / ハルブルースとベルベット90

作詞:Eichi.Gotoh
作曲:Midnight

vo:Haru
guitar:Midnight
bass:Eichi.Gotoh
drum:Chad_matsuo

失意 / ハルブルースとベルベット90

作詞:ハル
作曲:みっどないと

vo:ハル
guitar:みっどないと
piano:ma4ya
bass:Eichi.Gotoh
drums:chad_matsu

この記事への感想はこちらへどうぞ

この記事への感想を送る

以下のコメント送信フォームは現在調整中です。
感想は上記ボタンよりメールで送信ください。


ツルタハル

小中高を通して吹奏楽部に所属し音楽の楽しさを知る。20代から本格的に音楽活動開始。主に美術館、カフェ、レストラン、ホテル等で演奏し好評を得る。
結婚、出産を経て子育てに専念。11年...

続きを読む