Logo Mark連載記事

Logo Mark音にのせる胸のうち揺るぎないもの

ツルタハル

小中高を通して吹奏楽部に所属し音楽の楽しさを知る。20代から本格的に音楽活動開始。主に美術館、カフェ、レストラン、ホテル等で演奏し好評を得る。
結婚、出産を経て子育てに専念。11年...

続きを読む

ワタシはね、いつもいつも「揺るぎないもの」を探している。
なんていうのかな、自分の世界の確立っていうことなのかな。

たまに、アドバイスを頂くことがある。
例えば、もっとこうすればいいんじゃないかな?みたいな感じで。
さて、こういう時、どうするの?
聴いてくれた方がどう感じたのかってとっても重要だから、もちろん素直に聞く。
だけど、そのアドバイス通りにするかは、また考える。
周りの声を聞くということは、とても大切だけど、その度に変えていたら、
もう「自分」てなんだか分からなくなってしまう。
やっぱり「迷い」というものが生じる。
だから、「揺るぎないもの」が欲しいのだ。周りから何を言われようと、揺るがない。
それが、「強さ」でもあるように思う。
でも、でも、意固地なのは、嫌だとも思う。
そうなると、いったいどうすればいいんだろうと、頭の中がグルグルし出す。

きっと、確固たる自分の世界がある人は、何かを言われたところで、
なんともないんだと思うなぁ。

揺るぎない事って、自分を信じることだ。自分の創り出すものに自信があって、影響されないことなのかな。
いや、いいものには影響を受けたいなぁ。
なんだか、複雑に考えると難しくなるな(笑)。

シンプルに考えると、
自分のやりたいと思ってる事をやるって事なんだろう。
じゃあ、やりたい事とは?って事。
普段から、自分は、どんなものに惹かれるか。反対にどんなものが嫌いか。という事を分かってないといけない。
映画を観たり、本を読んだり、ライブを観たり、誰かと会って話したりして、自分に刺激を外から与え、自分の好みを知る事が大切だ。
そして、心が震えるものに出会って、だんだん自分の世界が固まっていき、揺るぎないものになっていくのかも知れない。

この記事への感想はこちらへどうぞ

この記事への感想を送る


ツルタハル

小中高を通して吹奏楽部に所属し音楽の楽しさを知る。20代から本格的に音楽活動開始。主に美術館、カフェ、レストラン、ホテル等で演奏し好評を得る。
結婚、出産を経て子育てに専念。11年...

続きを読む