Logo Mark連載記事

Logo Mark音にのせる胸のうち無心になれる事

ツルタハル

小中高を通して吹奏楽部に所属し音楽の楽しさを知る。20代から本格的に音楽活動開始。主に美術館、カフェ、レストラン、ホテル等で演奏し好評を得る。
結婚、出産を経て子育てに専念。11年...

続きを読む

ワタシが無心になれる事って、
お掃除、編み物、
そして、オカリナ吹いてる時!
音楽してる時!

練習している時って、
無心になれる。
他の事は一切考えない。
難しくて、何回も何回も繰り返すし、
その事だけに集中している。

日々の生活で、色んな事が起こる。
いい事も、ちょっと困っちゃう事も。
で、頭で解決方法を考える。
「考える」と言うことがたくさんあるわけだ。
そんな深刻な事はないけどね。

そんな生活の中で、
そういう問題から離れる事は、
とても大切だ。
頭がいっぱいいっぱいにならない。
誰かが言っていた好きな言葉がある。

「生きるのが上手な人は、気分転換が上手な人」

まさに、これだ!
例えば、いやな事、気分が落ちる事に出会ってしまったとする。
でも、そのことをずっと考えていても、
仕方がないこともある。
同じ時間を過ごすのに、
いやな気分で過ごす時間は、もったいない事だ。
気分を変える事が出来たら、
もうその問題から離れる事ができ、
頭の中を変えられる。
その手段として、楽器練習(゚∀゚)
その事だけに集中し、無心になれる。

ワタシに、無心になれる事があって良かった。
無心になって、夢中になる。
オカリナに限らず、
楽器を練習していると、
変化していく。上達していく。
はじめは、上手く指が運ばなくても、
だんだんと出来るようになっていく。
曲のイメージが決まり、
表現の仕方がまとまってくる。
などなど、感じる事が出来る変化が起こるのだ。
編み物だったら、編んだところが増えていく。
時間の経過が目に見えるのだ。

時間の無駄になっていない。
 ↓
時間を有効に使っている。
 ↓
充実している。

繰り返される日々の暮らしの中で、
いい変化を感じながら、
暮らすってとてもいい事だ。

上手く生きるために、
無心になれる事をやりませんか?
手軽に始められるオカリナは、
とてもいいと思う。

この記事への感想はこちらへどうぞ

この記事への感想を送る


ツルタハル

小中高を通して吹奏楽部に所属し音楽の楽しさを知る。20代から本格的に音楽活動開始。主に美術館、カフェ、レストラン、ホテル等で演奏し好評を得る。
結婚、出産を経て子育てに専念。11年...

続きを読む