Logo Mark連載記事

Logo Mark音にのせる胸のうち説明できないもの

ツルタハル

小中高を通して吹奏楽部に所属し音楽の楽しさを知る。20代から本格的に音楽活動開始。主に美術館、カフェ、レストラン、ホテル等で演奏し好評を得る。
結婚、出産を経て子育てに専念。11年...

続きを読む

「説明できないもの」を、あえて書いてみる。
今、ワタシが一番興味がある事だ。
そもそも、この「説明できないもの」を、
説明する必要があるのか(笑)。
そのままにしとくのがいいのかな。
これには2パターンあると思っている。
1つは、「説明できない」とは、言葉では上手く表せないもの。
もう1つは、自分でもどんな感情なのか分からなくて「説明できない」というもの。
この2つ目のもの。
これがとても気になるのだ。
分からないけど、でも確実に心に響いていて、影響を受けている。
この正体って一体何なんだろう。
明らかなのは、目には見えないって事。
どんな時にそう感じるか。
・ある音楽を聴いた時。
・自分で演奏している時。
・衝撃的な知らせを聞いた時。
・新しい世界を知った時。
などなど。こうやって考えてみると、
たくさんあるのかも。
「説明できない」ものの中で生きているのかな。
目では見えないけれど、
もしかして、それが1番重要な事だったりして。そこに触れる事が、豊かな人生を作るのかも。

なんか、この「説明できないもの」はよく分からないものだから、
この感覚を分かってる人と会うと、
とても嬉しい気持ちになる。

きちっとちゃんと説明出来る世界じゃなくて、時にあやふやでその時の気持ちが全て。
ワタシ、そんな世界で生きていたい。
正論もない世界。

大切なもの、必要なものは、
必ずしも「説明出来る」ものではない。
そのよく分からない「説明できないもの」にピントを合わせていきたいな。
自分でもよく分からない感情って、
とても興味深い。
喜怒哀楽…そこには当てはまらないもの。だから、説明できないわけだけども(笑)。
そうだなぁ…それはたぶんエネルギーなのかな。
エネルギーの塊。
それは見るのではなく、感じるもので、
そのエネルギーに会った時、
心が大きく揺れるのか。
見えないけど、確かに存在しているエネルギーだ。
頭ではなく、心がキャッチする。
だから「説明できないもの」なのか。

あなたの「説明できないもの」って、
どんな気持ち?

写真は栃木市にあるBook&Cafeなずなさん。
今度、こちらでの即興パフォーマンスに出演する。
そこには、きっと「説明できないもの」があるのだと思う。

この記事への感想はこちらへどうぞ

この記事への感想を送る


ツルタハル

小中高を通して吹奏楽部に所属し音楽の楽しさを知る。20代から本格的に音楽活動開始。主に美術館、カフェ、レストラン、ホテル等で演奏し好評を得る。
結婚、出産を経て子育てに専念。11年...

続きを読む