Logo Mark連載記事

Logo Mark音にのせる胸のうちご依頼を頂き作った歌

ツルタハル

小中高を通して吹奏楽部に所属し音楽の楽しさを知る。20代から本格的に音楽活動開始。主に美術館、カフェ、レストラン、ホテル等で演奏し好評を得る。
結婚、出産を経て子育てに専念。11年...

続きを読む

今回は、ご依頼を頂いて作った歌について、書いていこうと思う。
ワタシにご依頼頂くとは、なんとありがたいことです(*TーT)
今まで作ったものは、
卵屋さん、お豆腐屋さん、カフェのものです。

一番初めに作った卵屋さんの事から。
栃木県宇都宮市にある『卵明舎』では、
磨宝卵を使ったクリームが入っている「ひよこ焼き」を秋と冬に販売している。
ひよこの形をした今川焼きのようなもの。
そのひよこ焼きの歌のご依頼頂いた。小さいお子さんでも歌えるような歌というご希望。
初めてのご依頼!
嬉しいのと、不安が入り混じる(笑)。
しかし、せっかくのお話!
自分に挑戦だっ!!!

さて、どんな風に作っていったか。
まずは、曲全体のイメージを決める。
明るい。ほんわか。こんなイメージに決めた。
お子さんが歌える歌…。
サビが一番重要だ。サビの歌詞は複雑にせず、分かりやすく。
そして、繰り返し、印象に残るようにする。
だから、まず、サビの歌詞から考えはじめた。ご依頼を頂いてから、ずーーっとこの事を考えていた。

で、出来た歌詞がこちら。

 『ひよこ焼きのうた』

 みんなの笑顔がみたくて
 ひよこはじっくり考えた
 ある朝 突然ひらめいた
 魔法(磨宝)のクリーム お腹に入れよう

 ひよこ ひよこ ひよこけこっこー
 ぴよぴよぴっぴっぴっ
 ぴよぴよぴっぴっぴっ
 ひよこ ひよこ ひよこけこっこー
 ぴよぴよぴっぴっぴ ぴっぴっぴ

 みんなで食べたら あーら不思議
 にっこり笑顔になりました
 ひよこも嬉しくて笑顔になった
 みんなで笑って幸せだ

 ひよこ ひよこ ひよこけこっこー
 ぴよぴよぴっぴっぴっ
 ぴよぴよぴっぴっぴっ
 ひよこ ひよこ ひよこけこっこー
 ぴよぴよぴっぴっぴ ぴっぴっぴ

それから、楽器の構成。
と、言ってもワタシに出来ることは決まっている。

ギター、オカリナ、うた。この3つ。
イントロと間奏に、オカリナを入れたいと思った。
オカリナの素朴な音が、
ほんわかしたイメージに合うと思ったから。

それから、曲だけではなく、
動画も作成した。
SNSの時代。YouTubeに投稿したりするときに、動画があった方が、
イメージが伝わりやすいし、
印象に残ると考えたからだ。

完成したものがこちら。
卵明舎 オリジナルソング「ひよこ焼きのうた」

ワタシは、動画制作はiPhone1つで作る。
色んなアプリを駆使し作るのだ。
あ、今度、どうやって作ってるのかも書こうかな。

動画に出てくるひよこは、
商品の「ひよこ焼き」。
とってもかわいい形をしている。
動きは、歌をシンクロさせて作っていく。
ワタシはiPhoneで作っていくけど、
本当はもっと効率的なやり方があるのかも知れない(笑) 。
とても大変だけど、楽しいから出来る!!(笑)。

ご依頼を頂いて作るとは、
最初にテーマがあり、そこから広げていくので、楽しい!
この一番最初のご依頼「卵明舎」さまより「ひよこ焼きのうた」を頂いてから、この動画を観てくださった方から、ご依頼を頂いた。
栃木県下野市にあるお豆腐屋さん、
『あらた家』さま。
「あらたくん」というキャラクターがあり、その歌を作らせて頂いた。
次回は、こちらのお話を。

ご依頼を頂くってありがたい事だ。本当に。
お話を頂いたとき、
ワタシじゃ無理。自信がない。と思わず、挑戦してよかった。
これからも、お話を頂いたら、
挑戦していこうと思う。
せっかくの「ご縁」なのだから。


関連記事
ご依頼を頂き作った歌
ご依頼を頂き作った歌 その2

この記事への感想はこちらへどうぞ

この記事への感想を送る

以下のコメント送信フォームは現在調整中です。
感想は上記ボタンよりメールで送信ください。


ツルタハル

小中高を通して吹奏楽部に所属し音楽の楽しさを知る。20代から本格的に音楽活動開始。主に美術館、カフェ、レストラン、ホテル等で演奏し好評を得る。
結婚、出産を経て子育てに専念。11年...

続きを読む