[ Spinart(スピナート) ] - あらゆる表現者・アーティストと出逢えるサイト

Logo Mark連載記事

Logo Mark音にのせる胸のうちオカリナサークル発表会〜終わってからの気持ち

ツルタハル

小中高を通して吹奏楽部に所属し音楽の楽しさを知る。20代から本格的に音楽活動開始。主に美術館、カフェ、レストラン、ホテル等で演奏し好評を得る。
結婚、出産を経て子育てに専念。11年...

続きを読む

前回の続き。
どうしても書いておきたくて。
無事に発表会を終えて、初めての練習の日。
ワタシったら、なんだかソワソワしていた。なんなんだろう、この感じ…と自分の奥の方を覗いてみると、
そのソワソワの正体は、「心配」だった。
なにが心配かというと、
発表会を生徒さん達みんな楽しんでくれたかなという事だ。
発表会が終わった後は、みなさん楽しそうに見えたけど、果たして本当にそうだったかなと。疑い深いワタシ(笑)。

その日の練習は、普段の基礎練習と曲を1曲演奏したら、
発表会の動画をみんなで観て振り返り、
みなさんにどんな気持ちだったのか1人1人に聞いてみようと思っていた。
そして、どんな感想が出たか簡単にいうと、

・勇気を出して出てよかった
・練習不足だったので次は頑張ろう
・音楽の素晴らしさを改めて感じた
・みんなと一緒だと安心して楽しめた
・本番だと音量が小さくなってしまった
・素晴らしい場所で出来てよかった
・前回より落ち着いて安定してきて、みんなの音を聴けるようになった

こんな風に感じる事が出来たのは、
発表会のお陰だ。
人前で演奏するということは、本当にたくさんの刺激をくれ、気付きをくれるのだ。
この生徒さんたちの感想は、ワタシの宝物だ。
それからこんな話も。
聴きいらしてくれた生徒さんのお友達からの感想で、
「みなさん、輝いていた」と。
おーー!伝わっているんだ!(泣
輝いていただって…嬉しい(泣
ただ楽しそうとは違い、
真剣にそれぞれが取り組んでいるから、“輝いている”と映ったのだと思う。
素晴らしい!!!
そうなの、そうなの!音楽はそうでなくちゃ!!
普段は、みんなそれぞれに日々の暮らしがある。個性がある。それが演奏の時はバチッとひとつになるのだ。そこがカッコいいところだと思う。

発表会の後の初めての練習日、
本当にみなさんが楽しんでくれていたのか心配でソワソワしていたが、
みなさんの感想を聴いて、
やっとこ発表会をしてよかった!と思えた(笑)。
ワタシってほんと疑い深いわ。
自分のライブの時だって、
「よかったです♫」と言ってもらえてとても嬉しいけれど、社交辞令だろうなと思っている。次のオファーが来た時に、そこでやっと、「よかったと思ってもらえたんだ!」と思うのだ。
素直にならなきゃ!(笑)

さて、発表会当日のワタシ。
みなさん大丈夫かな。楽しんでくれるかなと心配だった。
ほら、自分のライブの時は、自分の事だけでしょ。そのワタシが生徒さん達のことを考えていて、こういう気持ちを初めて味わったように思えて、自分でびっくりした。
先生みたいじゃん!って。
あ、先生なんだわ。みたいな(笑)。
生徒さん達、ひとりひとりに支えられて、やってこれている講師のお仕事。
もう5年目。早い…。
こちらが教えるだけの一方通行ではなくて、ワタシは“交流”したい。
だってそれが音楽だもの。
今回の発表会で、色んな事を感じる事ができて、本当に生徒さん達に感謝。
ありがとうございました!!

写真は、バスオカリナを紹介しているところ。ワタシもバスオカリナで一緒に演奏しました。


関連記事
オカリナサークル発表会〜人前で演奏することで感じること

この記事への感想はこちらへどうぞ

この記事への感想を送る


ツルタハル

小中高を通して吹奏楽部に所属し音楽の楽しさを知る。20代から本格的に音楽活動開始。主に美術館、カフェ、レストラン、ホテル等で演奏し好評を得る。
結婚、出産を経て子育てに専念。11年...

続きを読む

関連記事

準備中