連載記事

音にのせる胸のうちひとり時間

ツルタハル

小中高を通して吹奏楽部に所属し音楽の楽しさを知る。20代から本格的に音楽活動開始。主に美術館、カフェ、レストラン、ホテル等で演奏し好評を得る。
結婚、出産を経て子育てに専念。11年...

続きを読む

ひとりの時間、好き?
ひとりはつまらない?
ワタシは、「ひとり時間」大好き。
ワタシにとってひとり時間は、カフェ時間と言っていい。カフェ大好き人間である。

ひとり時間を楽しんでいる人も好きだ。
気が合うかも、仲良くなれるかもと感じる。
ひとりで楽しめる事って基本のように思う。
音楽に当てはめてみると、
まず、ひとりでもちゃんと出来ている。ひとりで自分の世界を確立していて、
ライブが出来るとか。
これ、ワタシの目標だ。
まずそれが基本にあって、誰かとジョイントしたり出来るんだと思う。
ひとり時間を楽しめる人は、友達と一緒にいても楽しい時間を送れる人なんじゃないのかな。

ワタシは、ひとり時間が好きだけれど、孤独はいやだ(笑)。
ひとりぼっちは寂しい。ワタシの元となるものは、「家族」なんだけど、その家族あってこそのひとり時間だ。
ひとりじゃないという安心感があるからひとり時間を楽しめるのだ。

さて、ワタシのひとり時間。何をしているのかというと、ひとくくりでいうと頭の中の整理。
・ライブのセットリストを考える。
・妄想
・スピナートの記事を考える
・自分のやりたい事はなにか、やりたくない事はなにか考える。

色々考えると、頭の中がグルグルして、
よく分からなくなってしまう。
だから、ノートに書き出して目で見て整理する。自分が今何を考えているか分かる。
そのために、ワタシのひとり時間は、
とっても大切な時間なのだ。

この記事への感想はこちらへどうぞ

この記事への感想を送る

ツルタハル

小中高を通して吹奏楽部に所属し音楽の楽しさを知る。20代から本格的に音楽活動開始。主に美術館、カフェ、レストラン、ホテル等で演奏し好評を得る。
結婚、出産を経て子育てに専念。11年...

続きを読む