連載記事

音にのせる胸のうちイメージ

ツルタハル

小中高を通して吹奏楽部に所属し音楽の楽しさを知る。20代から本格的に音楽活動開始。主に美術館、カフェ、レストラン、ホテル等で演奏し好評を得る。
結婚、出産を経て子育てに専念。11年...

続きを読む

何をするにもイメージはとっても大切だ。
例えば、どこでライブをするか、したいか。
その場所で、ワタシがオカリナを吹いて、歌っているのをイメージする。
イメージ出来る?
ワタシにその場所が合っている?
ワタシがそこで楽しんでいる?
そんな事を考えるのだ。

そして、ライブが決まったら、
まず、フライヤーを作ってライブのイメージを固める。
フライヤーを手に取ってくれた方のイメージと、ライブのイメージを一緒にしたい。
だから、まずフライヤーで表現したいのだ。自分もそのライブにどんな思いで臨むのかも明確にしたいのもある。

それから、演奏も。
まずは、イメージする。
どんな感じで歌う?
どんな感じでオカリナを吹く?
などなど。

そう、ワタシは妄想好き。
だいたいカフェでひとり時間の時は、
妄想を膨らませている。
だから、イメージする事は大好きだ(笑)。

イメージって形ないもの。
形ないものを、頭に描く。
あ、ほら、音楽だって、形ないもの。
聴いてくれた方の心に響くかどうか。
響いたのなら、そこで初めて形になるように感じる。それも、形ないっちゃないものなんだけど。

形にないものを、考える作業って、
ワタシ好きなのかもなぁ。
むしろ、形あるものが苦手だったりして。もう何言ってるか分からなってくるわ(笑)。

とにかく、イメージすることって好きだし、大切だと思っている。
「思いやり」これもイメージよね。
ワタシは、なかなか行き届かないとこがあるからこのイメージは苦手なのかも。
これから、鍛えていかなくちゃな。

何をするにも、まずはイメージ。
それには、普段なら色んなものに触れていないとな。
刺激を受けたり。心を震わせたり。
それが、イメージの元となる。
そして、イメージが出来るってことは、
現実で出来る事だと信じてる。
思考は現実化するのだと。

この記事への感想はこちらへどうぞ

この記事への感想を送る

ツルタハル

小中高を通して吹奏楽部に所属し音楽の楽しさを知る。20代から本格的に音楽活動開始。主に美術館、カフェ、レストラン、ホテル等で演奏し好評を得る。
結婚、出産を経て子育てに専念。11年...

続きを読む