連載記事

音にのせる胸のうち月に惹かれる

ツルタハル

小中高を通して吹奏楽部に所属し音楽の楽しさを知る。20代から本格的に音楽活動開始。主に美術館、カフェ、レストラン、ホテル等で演奏し好評を得る。
結婚、出産を経て子育てに専念。11年...

続きを読む

ワタシは、月に憧れている。
神秘的で形を変えながらいつもそこにある。
いつからなんだろう、こんなに月が好きなのは。

ワタシのオリジナル5曲収録の自主制作CD 「ハル世界」。
ここに収録された曲に共通しているのは、歌詞に『月』が出てくること。

月って、ミステリアスでこういうものだとハッキリ言いえないような曖昧な部分があって、そういう所がとても好きなのかも。

ワタシには好きな月がある。
それは、細い三日月。新月から生まれたての細い三日月。
あの繊細な線。今にも消えてしまいそうな危うい感じ。
自分にはない部分だから惹かれるのか。
はたまた、自分の中にもそういう部分があるから惹かれるのか。
どっちなんだろう。

そして、やがて月は満ちて、満月に。
これ以上ない光を放ち、ただただそこで暗闇を照らしている。
あのパワーは、絶対に人間に影響を与えているに違いない。

新月には、願い事をするといいと言われている。
月は、その日のたくさんの願い事を抱きしめて、日に日に満ちていく。
そして、満月に今までためていた光を一気に放つイメージがある。

ワタシの好きな禅語に、
「水急不月流」というものがある。
読み方は「みずきゅうにしてつきをながさず」。
どんなに川の流れが急であっても、
水面に映っている月影は流されることはない。
これを初めて見たとき、
ぱーっと映像が浮かんだ。
なんで綺麗なんだろうか!

月は、ただただそこにある。
どんなに周りが騒がしくても、
ただそこにある。
流されることはなく、そこにある。

昔から、月を見て生活してきた地球人。
形を変えながら、光を放って、
飽きさせない。
見るものみんなに、色んな思いを与えて、
希望になったり、悲しい気持ちに寄り添ったり。
月はいつも優しいんだ。
ごちゃごちゃ言わず黙って照らしてくれる。
後は、自分で考えるのよって言ってるみたいに。

この記事への感想はこちらへどうぞ

この記事への感想を送る

ツルタハル

小中高を通して吹奏楽部に所属し音楽の楽しさを知る。20代から本格的に音楽活動開始。主に美術館、カフェ、レストラン、ホテル等で演奏し好評を得る。
結婚、出産を経て子育てに専念。11年...

続きを読む