Logo Mark連載記事

Logo Mark音にのせる胸のうち刺激を受けたい

ツルタハル

小中高を通して吹奏楽部に所属し音楽の楽しさを知る。20代から本格的に音楽活動開始。主に美術館、カフェ、レストラン、ホテル等で演奏し好評を得る。
結婚、出産を経て子育てに専念。11年...

続きを読む

何をしたらいいんだろうとか、
いったいワタシは何をしたいんだろうなとど、思う時、そんな時は、いいライブを観るのが良い!
自分で分からなくなってしまった時は、
周りから刺激をもらうのだ。

先日もとってもいいライブを観た。
簡単にいうと「感動」したって事なんだけど、その時の気持ちを言葉で表すのは難しい。だってハートで感じた事だから。
ワタシが感じるいいライブとは、どんなものかというと、ミュージシャンが想いを込めているのが分かる、伝わるもの。
そして「与えてくれる」こと。
お客さんは与えてもらう側。ステージにいる人は、与えてる側。それを分かってる人がいい。
そこには、甘えがない。隙がない。
どうしたって、引き込まれてしまうのだ。そんなライブを観た後は、しばらく何日か余韻に浸っていて、その方のYouTubeを見て、蘇る思いを楽しんでいる。
なんてたって、ライブがいいよなぁ。
人柄がチラッと分かるような時、とっても得した気分になる。
それを感じたくてライブに行くのかもね。
そして、今までなかった「刺激」をカラダに入れる。新しい感覚が入るのだ。
それが楽しくて楽しくて仕方ない。

自分で作り出せない時、そんな時は焦らないで、いいライブを観るのがよい。
ワタシはジャンルは問わず、「いいもの」を聴きたい。演者のパッションを感じたいのだ!
一人で観るのもいいけど、やはり友達と観て、ライブ終了後、感じた事をお互いに話したい!(笑)

一つのライブで、お客さんに大切なものを与えて余韻まで残させて、本当にすごい。リスペクト。エネルギーが溢れて、お客さんにもそれが感じるんだろうな。

色んな事を感じさせてくれるライブ。
これからももっといい音に触れたい。
いいライブを観たい!

この記事への感想はこちらへどうぞ

この記事への感想を送る


ツルタハル

小中高を通して吹奏楽部に所属し音楽の楽しさを知る。20代から本格的に音楽活動開始。主に美術館、カフェ、レストラン、ホテル等で演奏し好評を得る。
結婚、出産を経て子育てに専念。11年...

続きを読む