[ Spinart(スピナート) ] - あらゆる表現者・アーティストと出逢えるサイト

Logo Mark連載記事

Logo MarkThe Great JourneyMy favorite drummer ~Dave Grohl~

沢木 優

・1967年5月12日 福岡県大牟田市生まれ
・埼玉県出身
・血液型:B型
・LINX / 元THE POWERNUDE のドラマー。
・...

続きを読む

これまでに影響を受けた大好きなドラマーの第4弾。
今回も、ロック好きの人なら、彼のドラミングを一度は聴いているであろう…そんなロックドラマー・Dave Grohl(Foo Fighters / Nirvana)について書いてみたいと思います。
ご存知 Foo Fightersでは、ヴォーカル・ギター担当なので、近年はドラマー以外での露出がメインになっていますが…。
にしても! 世界的に有名なドラマーで、ここまでマルチな人って、ホント珍しいですよね。
Foo Fightersに関しては、1st.からの大ファンでして、特に初期の作品については、かなりディープなところまで楽曲を聴き込んだだけでなく、カラダにも染み込ませたい!と思い、“Foo Fightersを研究するためだけの”コピーバンドまで作っていました(笑)。
そんな多才なDave Grohlの、ソングライター・フロントマンとしての一面も語りたいコトは山ほどありますが(笑)、今回は、ドラマー・Dave Grohlについての想い入れなんかを、作品別に書きたいと思います。


■ Nevermind / Nirvana(1991年)

何と言っても、まずはコレでしょうね。
ドラマーとして在籍していたNirvana時代の名作。
ハードロックでもパンクでもない…独特なロックのジャンルを確立した1枚と言っても過言ではない程の、偉大なロックアルバムです。
この時のDave Grohlの叩くフォームを初めて観た時は、正直ややブサイクで、パッと見た感じはヘタウマ的な印象でしたが、実はメッチャ上手いという…ね。
ライヴ時のあのフルショットも、なかなか真似出来ないほどパワフルで凄いです。
このアルバムから大ヒットしたあの名曲でのリズムパターンなんかも、当時はホントに新鮮だったし、その後のロックドラムに於いても大きな影響を与えたんじゃないかなと。


■ Foo Fighters / Foo Fighters(1995年)

Dave Grohlに、どハマりするきっかけとなった、Foo Fightersの1st.アルバム。
Nirvanaも、もちろん好きでしたが、ドラミングだけでなく楽曲のカッコ良さなんかも含め、Foo Fightersはトータルで一目惚れ状態でした。
自分が当時 在籍していたTHE POWERNUDEで、ちょうどメタル調な音楽性から、パンキッシュな音楽性に方向転換した時期と重なったというのもあり、まさに生きた教材的な存在でしたね。
純粋なパンクではなく、ハードロック的な要素も残してのパンキッシュな…という部分で、まさにドンピシャで合致していまして、とにかくこのドラミングのニュアンスを、モノにしたい!という想いで、研究しまくってました。
もちろん、CDに限らずライヴ映像なんかも、片っ端からチェックしていましたね。
この1st.は、Dave Grohlが全パートを演奏しているのですが、このトータルプロデュースというトコでも、学ぶべき凄いアルバムです。


■ The Colour and the Shape / Foo Fighters(1997年)

我ながら、コワいくらいマニアックに聴き込んだ1st.から2年。
待ちに待った2ndアルバムがコレです。
1st.は、音質的にはデモ音源に近いトコもありましたが、この2ndから音質や全体のクリアさが各段にアップしています。
更に、どの楽曲もキャッチーでクォリティがパンパない!!
このアルバムのツアー前に、初代ドラマーがクビになり、今のドラマー・Taylor Hawkinsが加入するワケですが…。
この初代ドラマーの実力不足が原因で!? この2nd.でも、レコーディングで叩いているのはDave Grohlなんです。
まぁ、そういうのもあり、チェンジしたんだと思いますが。
というコトで、このアルバムでもDave Grohlのドラミングの素晴らしさを堪能出来ます。
1st.も、相当ディープに研究しましたが、単なるドラムプレイの研究という感覚ではなく、純粋に楽曲も好きだったのもあり、のめり込み方は更に深く…という感じでしたね。
“Foo Fightersを研究するためだけの”コピーバンドを作ったのも、この時期でした。

この頃は、とにかくDave Grohlのニュアンスを少しでも自分のスタイルにしたい!という気持ちが強かったので、当時 在籍していたTHE POWERNUDEも、音源リリースとツアーが本格化し始めた時期で、かなり忙しかったのですが、何よりも楽しかったので、疲れ知らずでしたね。
確か、バンドのリハが週に2~3日、この研究バンドで週に1日、個人練習で週に2日と…ほぼ毎日スタジオに入っていたような気が。
今思えば、かなりの馬力でした(笑)。
でも、ミュージシャンに限らず、ひたすらガムシャラにやる時期っていうのも、やはり必要だなと思うし、それが後の(ドラマーとしての)財産になってくれますよね。

結果、この時に掴んだ感覚や気付きと言いますか…リズムのパターンなりフレーズなりを、当時のバンドの作品で活かすコトで、徐々にそれが自分のスタイルとして出来上がっていったのは確かだなと。
そういう意味では、最もリアルに影響を受けた1人なのかなと思います。
ちなみに! 長くFoo Fightersのドラマーを務めている、Taylor Hawkinsも凄いですよ!!
スタイル的には、Dave Grohlを更に洗練させた感じで、テクニックもズバ抜けているし、大好きなドラマーの1人です。
Foo Fightersのライヴでは、たまにTaylor HawkinsとDave Grohlのドラムバトルをやっていますが、コレはかなりエグいです!!

【パグ犬】ピノ子☆Channel

YouTube
我が家の愛犬☆ピノ子(パグ犬 ♀)の成長記録&バカ親動画です。
地味ぃ~にではありますが、たまにモデル犬もやっています(^^♪
イケてるYouTuberさんのような凝った動画はありませんが(笑)、宜しくお願いします!!

【Top Dog】Official Music Video 4K

公開から7ヵ月、19万回再生を突破!!
3分でエナジー満タン!!
突き抜けるドライヴ感とキャッチーなメロディ。
ヘヴィなグルーヴも併せ持ったHyper Rock 'n' Roll Tune!
2nd Mini Album『Treasure Box』からのMV第2弾
“Top Dog”Official Music Video!!
Directed & Music Video Works : Kunihisa Kobayashi
Executive Producer : mk@jeepster
Dog : Pinoco

【Top Dog】Making Of The Video

2nd Mini Album『Treasure Box』からのMV第2弾
“Top Dog”Making Of The Video!!
Cam : mk@jeepster
Staff : Masumi


沢木 優

・1967年5月12日 福岡県大牟田市生まれ
・埼玉県出身
・血液型:B型
・LINX / 元THE POWERNUDE のドラマー。
・...

続きを読む

関連記事

準備中