Logo Mark連載記事

Logo Mark論理的ボイストレーニングコロナ禍でのボーカルトレーニング-マイマイクのすすめ-

やま♪げん

Singer、ヴォーカル・トレーナー。
アルバム「眠れぬ夜のために」、iTunes、Google Play、Amazon、Spotify、等、各種ストリーミングサービスで発売中。<...

続きを読む

皆さん!こんにちは!
最近はライブに向けて絶賛曲覚え&リハーサル中、「やま♪げんボーカル教室」インストラクターのやま♪げんです!!
お元気にしてらっしゃいますか?

7月も後半に入りましたが、なかなか梅雨が明けませんねぇ…^_^;
洗濯物もなかなか外に干せず、これまたなかなか乾かず、曇った空の色のように「どよ~ん」と気が滅入ってしまうことも多いと思いますが、こう言うときこそ表情筋と口角を上げて歌ってみましょう!
以前も書きましたが、口角を上げると免疫力が上がるのだそうです。
楽に大きな高い声が出せると同時に免疫力アップに繋がるという、これまた一石二鳥!!
このご時世ですからソーシャルディスタンスには気をつけて、楽しく歌って梅雨とコロナウィルスを吹き飛ばしましょう(o^^o)

さてさて! 前回に引き続き、コロナ禍ならではのトピックを。
前回のコラムで少しずつ生徒さん達とスタジオでレッスンが再開出来てきたことを書きましたが、その中で「自宅での声出し」とともに上がった話題が「マイマイク(ダイナミックマイク)を買いました!」と言う生徒さんが大勢いらしたことでした。

以前から、私には不思議に思うことがありました。
特にバンドをやってらっしゃる方は同じ事を思われると思うのですが…。
例えば、ドラマーは大体マイスネアを持ってらっしゃる方が多いですよね。ご自分のドラムセットを使う方も勿論いらっしゃいます。
ギタリスト・ベーシスト・キーボーディスとも然り。殆どの方が、自分の楽器を使ってらっしゃいます。
本格的にバンドをやってらっしゃる方の中には、自分のアンプ、さらにはそれを繋ぐケーブルにもこだわってらっしゃる方も大勢います。
昔お世話になったギタリストの方がこんなことを仰っていました。
「アンプのスピーカーは紙で出来ているので、ギターをアンプから鳴らすことによって紙の角度を自分の求める音になるまで変えて行くんだ。だから、音を出すところまでが自分の楽器なんだよ。」
他の楽器も然り。自分の理想の音を求めて突き詰めていく事はとても大切なことだと思います。

では、歌い手はどうでしょうか?
確かに歌う人にとっての楽器は「自分の身体」なのですが、ポピュラーミュージックは必ずと言って良いほどマイクを使います。
通常。ライブハウスやカラオケボックスで常設のマイクを使用すると言う方は多いと思います。私の周りでもバンドや弾き語りで頻繁にライブをするボーカルさんは別として、でマイマイクを持っていると言う方は不思議と少なかったのです。

「まぁ常設してあるし、そんなに頻繁に使うものでもないし、マイマイクは必要ないなぁ。」と言う考え方の方。
それもひとつの考え方です! 良いと思います(^o^)
かく言う私も、弾き語りのオープンマイクなどでお店にマイマイクと同じマイクが置いてある時はそれを使わせて頂く事もあります。
ライブハウスによってはマイマイクを推奨してらっしゃらない所もあるので、お店に従うこともありますが…^_^;

しか~し!
楽器屋さんでご覧になったことがあると思いますが、マイクには楽器と同じく感度や指向性(集音出来る角度)などによって多くの種類のものがありそれぞれ特性が異なります。
私も専門家ではないので詳しい説明は出来ませんが、高音をしっかり拾ってくれる感度の良いマイクか幅広い周波数の声を拾ってくれるマイク、硬い音が良いか柔らかい音が良いかなど、自分の声質や歌っている音楽のジャンルなどに合ったマイマイクを1本持っているとより自分の理想に近い歌が歌えると思います。

因みに

私は、色々なジャンルの曲を歌うことがあるので、低音域から高音域まで幅広い周波数の音を拾ってくれるマイクとしては安価なSHURE BETA 58Aというマイクを使用しています。高音域の音をより良く拾ってくれるマイクも試してみたのですが、自分には合いませんでした。
楽器屋さんによっては防音室などで複数のマイクを試す事が出来るところもあるので、マイクの違いを比べてお財布とも相談しながら自分に合った1本を見つけると良いでしょう。

話を元に戻しましょう。
このコロナ禍でマイマイクを購入された生徒さんが大勢いらしたことは、良いことだと思っています。
カラオケボックスでも、マイクを売り出したら飛ぶように売れているというニュースも目にしました。
皆さんニュースなどでご存じの通り、コロナウィルスは唾液から感染すると言う報告もあります。
勿論。ライブハウスやカラオケボックスのスタッフの方々が常設のマイクをしっかりと清掃して下さっていますが、感染のリスクを避けるためにもこの機会に「シンガーの身体の一部」でもあるマイマイクを手に入れてみてはいかがでしょうか?

今回も、最後まで読んで下さって本当にありがとうございましたm(_ _)m
少しでも皆さんが楽しく良い歌を歌う手助けが出来るように、これからも頑張ります!
次回もお楽しみに!!!

【Live Information】

8月1日(土):TONS OF SOBS(as Free)@新宿Crawdaddy Club

「やま♪げんボーカル教室」では、生徒さん絶賛募集中です(^^♪

コラムの内容を、実際に体感してみませんか?
スタジオレッスン:60分4,000円、オンラインレッスン:90分4,000円。
体験レッスン、随時受付中! お気軽にご連絡ください(^O^)/
※お問い合わせは、アーティスト紹介ページをご覧ください。
アーティスト紹介・やま♪げん

この記事への感想はこちらへどうぞ

この記事への感想を送る


やま♪げん

Singer、ヴォーカル・トレーナー。
アルバム「眠れぬ夜のために」、iTunes、Google Play、Amazon、Spotify、等、各種ストリーミングサービスで発売中。<...

続きを読む