[ Spinart(スピナート) ] - あらゆる表現者・アーティストと出逢えるサイト
マイケル中原G - 1st.アルバム「週末の顛末」配信配信中!

Logo Mark連載記事

Logo Mark論理的ボイストレーニングリズムを養おう-日常生活でのリズムトレーニング

やま♪げん

Singer、ヴォーカル・トレーナー。
アルバム「眠れぬ夜のために」、iTunes、Google Play、Amazon、Spotify、等、各種ストリーミングサービスで発売中。<...

続きを読む

皆さん!こんにちは!
「やま♪げんボーカル教室」インストラクターのやま♪げんです!

12月に入り、ようやく冬が忘れていたように駆け込んできましたね~! それと同時に、恐ろしいくらいに空気が乾燥してきました(>_<)
私は、冬場になると朝暖かい紅茶をポット一杯に湧かして日中飲むようにしているのですが、今年は夜も湧かして飲むほど空気の乾燥が激しいような気がします。
喉が乾燥すると菌やウイルスが侵入しやすくなるのは勿論、歌も歌いづらくなってしまいます。
小まめに水分補給して、喉に負荷をかけないように心がけましょう。

ところで、皆さんはリズムトレーニングに対してどんなイメージをお持ちですか?
「歌う時には大切なことだと分ってはいるんだけど、リズム感ってどうやって身につければ良いのか分らないなぁ。」とか、「メトロノームとかリズムマシンとか、特別な機械が必要なんじゃないかなぁ?」とか…。
結構難しく考えていませんか?
勿論! メトロノームとかリズムマシンを聴きながら歌う練習をするのはとても大切なことですが、なくても全然大丈夫!!
今回は私がいつもやっている、例えば空気が乾燥して「ちょっと声出しづらいなぁ…。今日は歌う気分じゃないな(~o~)」という時にも声を出さずに出来るリズムトレーニングの話をしていきましょう。
う~ん! タイムリー(^o^)

例えば、テレビやラジオのスイッチを入れてみましょう。そうすると普段何気なく見たり聴いたりしているテレビやラジオから何かしら音楽が聞こえてきませんか?
外出している時にも例えば商店街のスピーカーから音楽が流れていたり、電車に乗っていても駅で流れる発車のメロディーや音楽でなくても電車の「ゴトンゴトン」という音が聞こえてくると思います。
このように、世の中にはありとあらゆる音楽や音が溢れています。そしてそれらの音楽や音にはほぼほぼ規則性のあるリズムがありますよね。これって、リズムトレーニングのとても良い教材なのです。
これらの音を聴きながら、お手軽リズムトレーニングを始めて行きましょう!!
今回は分りやすく、テレビやラジオや街中で流れている音楽をイメージして説明していきます。

ここで、今一度世の中に溢れている音楽に耳を傾けてみましょう。曲の速さはさておき、多くの曲が「4拍子」か「3拍子」(もしくは「2拍子」)で構成されていると思います。
ここで第一のリズムトレーニング!

【音楽に合わせて手を叩こう】

曲が流れてきたらそれに合わせてクラップして(手を叩いて)みましょう。4拍子なら「パン・パン・パン・パン / パン・パン・パン・パン」、3拍子なら「パン・パン・パン / パン・パン・パン」、そして2拍子なら「パン・パン / パン・パン」という具合です。
これを一曲まるまるやってみましょう。
この時、それぞれ小節の最初の一拍目にアクセントをつけてクラップすることが大切です。そうすることによって、少しずつより正確なリズムを感じる事ができるようになってきます。
でも家の中でテレビやラジオに合わせてクラップする場合は大丈夫だと思いますが、「外出中にそれをやるのは恥ずかしいな(~_~;)」という方もいらっしゃるとおもいます。
そんな時には頭の中で「いち・に・さん・し」のように曲に合わせてカウントするだけでも十分なリズムトレーニングになりますので、気が向いたときに是非やってみて下さいね。

【音楽に合わせて歩いてみよう】

私がいつもやっているリズムトレーニング。
もう一つは、「歌詞を覚えよう」のところでもお話ししましたが…。
「曲をmp3プレイヤーなどで聴きながらひたすら歩く!」これでございます(^o^)
歌詞を覚える時には散歩しながらひたすら曲を聴き歌うのですが、この「歩く」という行為がポイントになってきます。
と! ここまで書けば、皆さんもうおわかりですね(*^_^*)
そう! 曲のテンポに合わせて歩きながら歌うのです。ひたすらひたすら…(*^_^*)
そうすることによりリズムのどこにどの言葉(音符)が当てはまるのかがとてもよく分り、より気持ち良く歌えるようになってきます。こちらも、是非試してみて下さい!

いかがでしたか? 日常生活で聞こえてくる音楽や音を利用したお手軽リズムトレーニング!
リズムは最初は1つの「点」に過ぎませんが、それが無数に繋がることによって「線」(つまりは「曲」)が出来上がります。
リズムがしっかり取れるようになってくると、前回でお話しした楽器の音を聴く余裕が生まれて更にかっこ良く歌えるようになると思います。
よりかっこ良く・楽に歌うために、正しいリズム感を養っていきましょう!
私の主催している「やま♪げんボーカル教室」でも譜面を使った実践的なリズムトレーニングのカリキュラムをご用意しておりますので、興味のある方はお気軽にご連絡下さいね(^o^)

【Live Information】

2021年
1月17日(日):TONS OF SOBS(as Free)@池袋Adm
1月23日(土):1970同級生ライブ(弾き語りライブ)@渋谷GABIGABI
2月6日(土):Simple Man(as Bad Company)@巣鴨獅子王
3月13日(土):Paul Kossoff Tribute Live@新宿クロウダディクラブ
5月23日(日):Simple Man(as Bad Company)@新宿クロウダディクラブ

※チケットのお問い合わせは、以下のメールまでお気軽にご連絡ください。
 メール

「やま♪げんボーカル教室」では、生徒さん絶賛募集中です(^^♪

コラムの内容を、実際に体感してみませんか?
スタジオレッスン:60分4,000円、オンラインレッスン:90分4,000円。
体験レッスン、随時受付中! お気軽にご連絡ください(^O^)/
※お問い合わせは、アーティスト紹介ページをご覧ください。
アーティスト紹介・やま♪げん

この記事への感想はこちらへどうぞ

この記事への感想を送る


やま♪げん

Singer、ヴォーカル・トレーナー。
アルバム「眠れぬ夜のために」、iTunes、Google Play、Amazon、Spotify、等、各種ストリーミングサービスで発売中。<...

続きを読む