[ Spinart(スピナート) ] - あらゆる表現者・アーティストと出逢えるサイト

Logo Mark連載記事

Logo Mark論理的ボイストレーニング「個性とは何か?」について考える

やま♪げん

Singer、ヴォーカル・トレーナー。
アルバム「眠れぬ夜のために」、iTunes、Google Play、Amazon、Spotify、等、各種ストリーミングサービスで発売中。<...

続きを読む

皆さん!こんにちは!!
「やま♪げんボーカル教室」インストラクターのやま♪げんです!

新年度に入りましたね~!
学生の方々は新しい学年や進学。そして、学生を卒業して新しく社会人になった方も大勢いらっしゃると思います。
こういったご時世でなかなか上手くいかない事が多いと思いますが、どんなときも希望を持ってつらいときは気持ち良く歌って(ソーシャルディスタンスは必須ですが^_^;)明るい気持ちで生活していきましょう!
勿論!健康にはくれぐれも気をつけて(^o^)

さて!今回は他の楽器よりも差が出てくる「個性」について書いてみたいと思いますが、その前に…。

私は、普段生徒さん達とレッスンをする上で「どうしたら疲れずに楽に高い声や低い声を自由自在に出すことが出来るのか?」、つまりは「どのようにして、安定した声を出すか?」という事を念頭に置いています。
これは私の生徒さんにもいらっしゃいましたが、歌だけでなく「歳をとったせいか、最近声が出しづらい」と言ったお悩みを持った方にも当てはまるレッスン方法でもあります。
つまりこのコラムで常々書いているように、ある程度長い間疲れることなく通る声を作るためには…。
1:「表情筋を上げることによって軟口蓋が上がり、口の中の空間が広くなることによって声帯を必要以上に鳴らさなくても声が響きやすくなる。」
2:「四肢の筋肉を脱力させることにより、声帯から出た声を上半身響かせる。」
3:「腹筋・背筋に力を入れることにより横隔膜が下がり肺の奥まで入った空気が安定して出るため、まっすぐ安定したロングトーンを出すことが出来る。」
と言ったように楽に声を出すためには、身体のあらゆる筋肉を使う事が必要になってきます。
要は、ボイストレーニングとは、「筋トレ」に他ならないのです。
しかし、スポーツにおける筋トレもそうですが、少なくとも数ヶ月は続けていかなければ筋肉って鍛えられていきませんよね。そしてまたトレーニングし続ける事によってのみ、筋肉は維持していくのです。
同じように、歌う為の筋肉も鍛えることによって安定した声が出せるようになってきます。

ですから、例えば表情筋を音程の上下に伴いタイミング良く上げられるようになり声をしっかりと響かせられるようになるまではどうしても声帯に力が入りいわゆる「喉声」になってしまい喉が疲れやすくなってしまいますし、腹筋・背筋にしっかりと力を込められるようになるまではロングトーンが不安定に揺れるいわゆる「ちりめんビブラート」になってしまいます。

因みに。腹筋・背筋の弱さによってビブラートの波長が安定しない「ちりめんビブラート」は、昭和の歌謡界ではあまり耳障りが良くないためやってはいけないものとされていたようです。
最近でこそ「ちりめんビブラート」はあらゆるシンガーの方が使っており市民権を得ておりますが、これを世に広めたのは1998年にデビューした宇多田ヒカルさんだと言われております。
って、私も師匠からそう教えられたのですが…^_^;
もう少し宇多田ヒカルさんについて私の印象をお話しすると、確かにデビュー当時はちりめんビブラートを多用されていたと思いますが、現在は腹筋・背筋のバランスの取れたキレイなビブラートを出されていると思っています。きっと宇多田さんもストイックにボーカルトレーニングに励まれたのではないでしょうか。
そして何より、宇多田ヒカルさんの曲は琴線に触れる素晴らしい楽曲が多いですよね~!

と!話を元に戻して…。
楽に安定した響く声を出すためには歌う為の筋肉を鍛える必要があるのですが、その筋肉を鍛える為には地道なトレーニングが必要です。
と言う事は、その筋肉が鍛えられるまでの期間はどうしても「喉声」や「ちりめんビブラート」が出てしまったりして、歌いづらかったり自分の理想の歌がなかなか歌えずモヤモヤしてしまう事もあると思います。

でもね。心配することはありません(^o^)
宇多田ヒカルさんに関して書いた通り、「ちりめんビブラート」も「喉声」さえも「個性」と考えれば良いのです。なぜなら「安定した声」を出す事も大切ですが、それよりも大切な事は「楽しく歌う事」だからです。
楽しく歌に取り組むことで、「喉声」や「ちりめんビブラート」などの歌い方は、歌う筋肉が鍛えられてくるに従い自然と解消されてきます。それどころか、筋肉が鍛えられてくればわざと「喉声」や「ちりめんビブラート」を出せるようになってきます。要は歌い方の引き出しが増えてきて、無意識のうちにしか出せなかった「個性」が「本物の個性」になってくるのです。
勿論!真面目に歌に取り組んでいると、色々な壁にぶち当たります。そんな時は迷わずにあなたの歌の先生に相談してみましょう。
我々ボーカルトレーナーの仕事は、「生徒さん達の歌が楽しく上達するようにお手伝いをすること」!
そして、「生徒さん達の個性を伸ばすこと」!
きっとあなたの歌の悩みをズバッと解決してくれることでしょう!!

今回も、最後までお付き合い頂き、ありがとうございましたm(_ _)m
ご不明な点がありましたら、お気軽にご連絡下さいね!

【Live Information】

2021年
5月23日(日):Simple Man(as Bad Company)@新宿クロウダディクラブ
6月26日(土):Tons of Sobs(as Free)@横浜クラブセンセーション

※チケットのお問い合わせは、以下のメールまでお気軽にご連絡ください。
 メール

「やま♪げんボーカル教室」では、生徒さん絶賛募集中です(^^♪

コラムの内容を、実際に体感してみませんか?
スタジオレッスン:60分4,000円、オンラインレッスン:60分4,000円。
体験レッスン、随時受付中! お気軽にご連絡ください(^O^)/
※お問い合わせは、アーティスト紹介ページをご覧ください。
アーティスト紹介・やま♪げん

この記事への感想はこちらへどうぞ

この記事への感想を送る


やま♪げん

Singer、ヴォーカル・トレーナー。
アルバム「眠れぬ夜のために」、iTunes、Google Play、Amazon、Spotify、等、各種ストリーミングサービスで発売中。<...

続きを読む