[ Spinart(スピナート) ] - あらゆる表現者・アーティストと出逢えるサイト

Logo Mark連載記事

Logo Mark論理的ボイストレーニングお酒が歌に及ぼす影響とは?

やま♪げん

Singer、ヴォーカル・トレーナー。
アルバム「眠れぬ夜のために」、iTunes、Google Play、Amazon、Spotify、等、各種ストリーミングサービスで発売中。<...

続きを読む

皆さん!こんにちは!!
「やま♪げんボーカル教室」インストラクターのやま♪げんです!

東京都は緊急事態宣言が再延長されてしまいましたが、めげずに元気に歌ってますか!?
「最近。なんか身体が重くて調子悪いなぁ…」と思っていたのですが、ふとしたきっかけでその原因がわかりました(^o^)
先日。音楽学校時代のアンサンブルという授業のお手伝いでお世話になった西山 毅先生(元HOUND DOG)と私が大好きなスターダストレビューの根本要さんが出演される四人囃子のライブに行ってきたのですが、皆さんの演奏を聴いているうちにふつふつと元気が湧いてきたのです!
そう!調子の悪い原因! それは、コロナウイルスのせいでライブが中止や延期になったり開演時間が早まったりで中々お伺い出来ず、コロナ禍前は頻繁だった「ホールで素敵な演奏の洪水の中に身を置く」と言うことが少なくなっていたからでした!
音楽の魔法を、久しぶりに身をもって実感した出来事でした!

さて!今回は、お酒と声の関係について私の経験から感じたことを色々と書いてみようと思います。

皆さん(20歳以上の方に限る)は、お酒好きですか?
私はビールが大好きで、つい最近まで夕食時に毎日最低350ml缶を1缶飲んでいました。外食では生ビールのジョッキを大体3倍程度。
あがり症の私は、ライブ前も500ml缶を1缶飲んでから歌っておりました。
私と同じように「あがり症だから、リラックスして歌うため」とか、もしくは「カラオケでみんなで盛り上がるように」という理由で歌う時にお酒を飲まれる方は多いと思います。
勿論。カラオケスナックやカラオケボックスでリクリエーションとして歌を楽しむときには、それでも良いのかもしれません。
適度なアルコール(量は人に寄りけりですが^_^)はリラックス効果もあるので、「飲んだ方が調子よく歌えるよ~!」と言う方もいらっしゃると思います。
私も、つい最近まではそうでした…^_^;

そう!つい最近(今年に入って)、私、お酒を殆ど飲まなくなったんです!
正確に言うと、毎日ノンアルコールビール350ml缶を1缶。外食時の生ビールも、3杯から2杯へ。
理由はと言うと、同年代の仲良くさせて頂いているミュージシャンの方がツアーなどで必要な体力を付けるために、またトランペッターの日野皓正さんが45歳を境に歳をとってもバリバリトランペットを吹くためにお酒を辞めたと言う話を聞いて「見習おう」と思ったからなのですが、そんな折、相方様もお酒を飲むのを辞めたため自然な流れで控えることが出来ました。

辞める以前のことを考えてみると、利点としてはやはり飲んだ方がリラックス出来るため、パフォーマンスを含め伸び伸びと歌えるような気がします。
しかしながら、場数による慣れによって飲まなくてもリラックスして歌えるようになってくるため、飲まなければあがってしまうと言うのはもしかしたら単なる言い訳に過ぎないのかもしれません。

兎にも角にも、今にして思うと利点より欠点の方が多いように感じます。
先ず。当時から気になっていたことは、「音程をキープする判断力が鈍る」と言うことです。
事あるごとにこのコラムで書いている通り、歌は主に声帯・表情筋・腹筋背筋を出したい音程によってテンポ良く変化させて声を出していくのですが、お酒を飲んでしまうと出したい音程で使う筋肉が上手く動いてくれないのです。結果。その時は上手く歌えているつもりでも、録音したものを聴いてみると微妙に音程がずれていたりするのです。
次に。ここからは「今にして思えば」という話になってくるのですが、お酒を飲むとそのアルコールを分解に多くの水分を必要とするため喉は乾燥して炎症を起こしやすくなります。
そのせいもあるのか、歌っているときには気にならなくても翌日声が嗄れていることがあり、元のように歌えるまでに長いと2日ほどかかることもありました。特に。シャウトの多いロックを歌うときには、顕著にその傾向が見られました。

それが殆どお酒を飲むのを辞めたお陰で、歌うための身体の使い方の判断力が鈍ることもなくなりました。
また激しく歌っても声が嗄れる度合いが少なくなり、少し嗄れても1日もあれば元のように歌えるようになりました。
やはり、お酒は身体(特に声帯)にとっては刺激物。人前で歌う為に、そして健康に長く歌い続けられるように、歌う前は控えた方が良いのかもしれませんね。

今回も、最後までお付き合い下さりありがとうございましたm(_ _)m
次回も、お楽しみに!

【Live Information】

2021年
4月4日(日):小寺良太(ザ・ぶどうかんズ、moke(s)、ex.椿屋四重奏)ドラムスクールライブ@新松戸Fire Bard
OPEN 10:00 / START 10:30 ENTER FREE ※1drink charge ¥600
5月23日(日):Simple Man(as Bad Company)@新宿クロウダディクラブ
6月26日(土):Tons of Sobs(as Free)@横浜クラブセンセーション

※チケットのお問い合わせは、以下のメールまでお気軽にご連絡ください。
 メール

「やま♪げんボーカル教室」では、生徒さん絶賛募集中です(^^♪

コラムの内容を、実際に体感してみませんか?
スタジオレッスン:60分4,000円、オンラインレッスン:60分4,000円。
体験レッスン、随時受付中! お気軽にご連絡ください(^O^)/
※お問い合わせは、アーティスト紹介ページをご覧ください。
アーティスト紹介・やま♪げん

この記事への感想はこちらへどうぞ

この記事への感想を送る


やま♪げん

Singer、ヴォーカル・トレーナー。
アルバム「眠れぬ夜のために」、iTunes、Google Play、Amazon、Spotify、等、各種ストリーミングサービスで発売中。<...

続きを読む