連載記事

田舎暮らししながら世界に向かって音楽を配信しつづける人の話妊婦

eastern bloom 小島美紀&崇

小島美紀

eastern bloom ボーカル
岡山県出身。ミュージカル俳優を目指して上京した後、ボーカリス...

続きを読む

崇:さあ、やってまいりました。

美紀:やってまいりました。飛び始めました。

崇:花粉ですね。ところで歌い手の端くれとして、どんな花粉対策をしているのですか?

美紀:「常にマスク」「アレルケア」「花粉よけスプレー」ライブ前は「小麦抜き」「コーヒー抜き」…。

崇:大変ですね。一応突っ込んどくけど「小麦抜き」「コーヒー抜き」っていうのは誰でも効果があるわけではないでしょ。

美紀:あくまで私の場合です。とにかくアレルゲンを避ける。

崇:あのさ思ってたんだけど、常にマスクするってのはさ、ライブの共演者の人に感じ悪い印象与えちゃうよね。その辺はどう思ってらっしゃる。

美紀:そういう時は外します。

崇:あ、そうでしたか。全然話が膨らみませんでした。

美紀:そういえば、「カピバランド」の録音の時は、全然花粉症の症状がでなかったよね。

崇:あ、そうでしたね。全然気が付かなった。あの頃、第一子妊娠中でしたな。音楽活動スタートと同時に妊娠という…。

美紀:大きなおなかで歌いました。というか、お腹が大きくなるにつて体がいい感じに緩むらしく、意外と声が出た。

崇:曲は妊娠する前に出来てたっけ。詞が書ける自信がなかったので、絵本みたいな物語にしようということになり…。

美紀:私が「カピバラ」に似てるからという理由で「カピバランド」という架空の国の物語を考えることになったんだよ。

崇:そうでしたなあ。何事も設定が大事だということで、細かーいことを色々考えたんだよなあぁ。

美紀:「カピバランド」の時代背景、気候、風土、衣服とか習慣とか、なんとプロポーズの仕方まで!

崇:あーそうでした。曲の歌詞には全然反映されていないけど。プロポーズの仕方。度重なる断捨離のため資料は失われていましたが。こだわってましたねぇ…。

美紀:でも曲のイメージづくりには役にたったと思う。それをもとに曲を作って。

崇:ストーリーを考えて。懐かしい…。あ、プロポーズの曲「The Powder of the Moon」という曲だった。可愛らしい曲だったのでボツになりましたな。10代じゃないと歌えない歌だった。

美紀:安産のために毎日2時間歩くっていうのをやってて、その時が「作詞タイム」だったんだよ。

崇:家事もなにもせず、カフェでひたすら詞を考えたりとか…。妊娠したのがわかったとき、アルバム制作急がなきゃって思ったよねぇ。

美紀:「生まれるまでにー」って。歌詞ができたら、ひらすら練習して次々録音という。

崇:特に防音施設もないアパートで録音したんだけど、奇跡的にクレームがなかったね。あの時は神様ありがとうございました。結構でかい声出してたと思うけどなぁ。

美紀:それに対してセカンドアルバムの録音のときは、いろいろあったけど…。それはまた別の機会に。

崇:はい。

美紀:「生まれるまでにー全部録らねばー」って焦ってやってて、全部録り終えたら「やったー」ってなって。

崇:忘れもしない。「Grey Sky」を録音し終わった翌日。

美紀:そう、忘れもしない。翌日。生まれました。

崇:お見事でした。

美紀:ありがとうございました。っていうか、赤ちゃんの方が「今、生まれちゃいけない」って思って我慢してくれたんじゃないかと思ってる。

崇:あーなるほど。その発想はなかった。

美紀:赤ちゃんといえば、当時、性別はお医者さんに内緒にしてもらっていたんだけど、「Grey Sky」は男の子の話だよね。「Sleeping Bell」のイメージも男の子。「カピバランド」のストーリーテラーも男の子なんだよ。

崇:男の子が生まれてくるのがわかってたんですねぇ。恐るべし。母性。

美紀:パパは女の子だと思ってたけどね。

崇:忘れてたのに…。ピンクの服買ってきちゃたもんなあ…。自信満々にピンクの服。母親と物理的につながってるのには敵わないねぇ…。

美紀:あの時は男の子だったらどうすんだよーって思ったよ!ちなみに、第2子もハズレてたね。

崇:なお、出産に関する詳細は、東村山子ども劇場(劇場20周年記念事業)出版の『ここに生まれた』という本にせきららに記載されております。

美紀:はい。

崇:そういえば、「Grey Sky」は結構涼しげな曲だけど、とてもとても暑い日でした。汗だくになって録音しました。

美紀:窓開けると、隣に響くから締め切らなきゃいけなかったんだよ。暑かったねえ。

崇:エアコンで体冷やすとゾクっとして気持ち悪いし、ブオーって音が入っちゃうから、エアコン使えず…。

美紀:狭いし、専用のブースじゃないから、ブオーって音が簡単に入っちゃう。

崇:よく頑張りました。

美紀:赤ちゃん生まれてから、ミックスダウンとかの残作業はパパに丸投げしましたね。

崇:いまだ丸投げじゃないですか。それで、なかなかの出来だったから、レコード会社やら何やらに送ってみようかということになりまして。

美紀:はい。それは私が頑張った!!楽曲受付てるところ探しては、片っ端から送った!

崇:あと当時「CD-R」っていうのは画期的だったね。なんと、CDやらCD-ROMが自宅で焼けるという!!猫も杓子もCD-Rでしたよ。CD-Rで売っちゃえみたいな。実際は当時のCDプレーヤは動作保証外でしたが。

美紀:はい。

崇:歌詞カードはエプソンのロール紙!で刷りまして。これも画期的だった。好きなところで折り目入れれたり。こだわりました!

美紀:「CD-R」「ロール紙」もあまり見ないね。すごいね時代は変わりゆくね。

崇:ああ、まさかコレがお金になるとは思ってもいなかったよ。

美紀:それと同時に、それどころじゃなくなることになるとは…(次回に続く)

ここに生まれた

東村山子ども劇場20周年記念事業の一つとして出版された書籍。
27人のパパママによるお産・子育ての物語が掲載されている。
これからお子さんを持つ予定の人、昔お産を経験した人たちにはなかなか面白いかも。

この記事への感想はこちらへどうぞ

この記事への感想を送る