執筆者

eastern bloom 小島美紀&崇

小島美紀

eastern bloom ボーカル
岡山県出身。ミュージカル俳優を目指して上京した後、ボーカリストに転向した、自称“表現者系歌い手”。
小島崇と共にケルトをはじめとした様々な民族音楽を融合させた音楽ユニット“eastern bloom”を結成し、2004年トライエム(メルダック)よりデビューするが、育児等のため活動を休止する。
2009年に自然を求めて那須高原へ移住。2011年の震災を機に音楽活動を再開。現在那須で田舎暮らししながら、楽曲制作、ライブ活動を展開している。
二児の母でもあり、育児、地域活動にも奮闘中!


小島崇

eastern bloom ギター&ブズーキ
埼玉県出身。15歳から独学でギターを始める。ベーシストとしてバンドを転々としていたが、小島美紀と出会い民族音楽に魅了される。2人でeastern bloomを結成。
以下小島美紀と同じ。現在、那須で田舎暮らししながら、父親、ミュージシャン、プログラマーとして奮闘中。


eastern bloom

小島崇・美紀の夫婦ユニット。2004年トライエム(メルダック)よりアルバム “Capyba-land”でデビュー。
ケルト・中東・ブリティッシュロック・ジプシー音楽の要素を取り入れたオリジナル楽曲を制作し、ライブ活動を展開している。
「まるで、異国に迷い込んだような世界観」と評される。
オリジナルアルバムを4枚と、クリスマスアルバム「Joy of Winter」をリリースしている。

アーティスト紹介・eastern bloom(イースタンブルーム)


オフィシャルサイトFacebookページTwitter

お問合せはこちら
問い合わせメール

脳内伝言板アートとの出逢い

白砂勝敏(Shirasuna Katsutoshi)

音にのせる胸のうち作詞作曲

ツルタハル

水彩画を描いている時交差点

村田收(ムラタオサム)

音の庵温故知新の日々。

たなかまさや。

水彩画を描いている時自己紹介・留学からYouTubeまで

村田收(ムラタオサム)

音にのせる胸のうち大切なもの

ツルタハル

音の庵スピーカーのお話し。

たなかまさや。

音の庵ヘッドフォンのお話し。

たなかまさや。

音の庵1982

たなかまさや。

音の庵はじめまして。

たなかまさや。

なにか創るとうれしくてまずはご挨拶を兼ねて

紫水勇太郎・清水 豊