連載記事

音の庵正解のないお話し… 其の3〜AIがグイグイくるw

たなかまさや。

1965年生まれのおうし座。
高卒までを北海道の道東で、オーディオ好きだった父の影響もあり、ギター、ドラム、高価なオーディオ機器をさわり放題しながら野球部で育つ。
音...

続きを読む

Plugin…。魅力的な言葉ですw

正直、DAWに標準装備されているPluginの進化ぶりにも驚きますが;、やはりサードパーティ製のPluginは種類も数も圧倒的ですねw

 導入のメリットとしてはDAWソフトを乗り換えても使えるのが一番かと思います。デメリットは他者にファイルを渡す時に相手が同じPluginを持ってないとオーディオに書き出さないと再現出来ないとかでしょうか?

 そんな中、AI技術を使ったPluginが最近かなり使えるレベルになってきました。

 ー 自分の好きなあの曲みたいな仕上がりにしたい

ー EQやCompってよく分からないけどカッコいい音にしたい

 ー Micに入っちゃったノイズを消したい

 などなど…(笑)。 ある程度のことが1分も掛からず処理されます;

 代表的なベンダーさんとしましては…、

 ※ iZotope … Ozone8、Nectar3、Neutron3、RX 7、etc…

  (入門編からのアップグレードやセールも頻繁、分かり易い)

 ※ zynaptic … INTENSITY、UNFILTER、ADAPTIVERB、etc…

  (顔認証技術を採用?セールは少ないがマニアックで個性的w)

 他にもあるんですが持ってないので;

iZotopeさんは元音に対してどういう処理をしてこういう音になった、と言うのが解りやすくて初心者の勉強にもなりますし、上級者の確認用としても、視認性の良いメーターとしても有能かと思います。ただ、メーカーさんも言ってますがあくまでも叩き台としてのAIであり、そこからの勝負はやはり個人の感性です。

EQやComp等はAIは有りだろうなぁと思ってましたが、zynapticさんのADAPTIVERBはAI技術搭載のリバーブだとか? 試せてないですけど興味深々ですw(ちょっと高い; 処理が重いらしい;)

そんな中、1960年代のEQやCompの実機をモデリングしたPluginも数多く出てます。真逆の流れですw。アナログテープマシンのエミュとかどんどん出て来てます。VHSのノイズを加えるとかマニアック過ぎでしょww

実際、CDを知らないと言う世代も出て来て本当に終焉を迎えてるのだなぁ…としみじみ感じます。ダウンロードして所有するという事すら消えてしまいそうです;

 プロデビューして大手レコード会社と契約!なんて価値観も意味なくなりそうです。
いや、もうとっくに無いのかも知れませんね。

でも音楽への需要は変わらず有ります。という事は凄いチャンスが巡って来ているのかも知れません。年寄りですがモチベーション上げて頑張りたいと思いますw

※写真は最近手に入れたカセットテープデッキですw

 約30年前の自分の声を聴いてザワザワしてます…;;ww

  本当はDATのデッキが欲しいーーーーーーーw

この記事への感想はこちらへどうぞ

この記事への感想を送る

以下のコメント送信フォームは現在調整中です。
感想は上記ボタンよりメールで送信ください。

たなかまさや。

1965年生まれのおうし座。
高卒までを北海道の道東で、オーディオ好きだった父の影響もあり、ギター、ドラム、高価なオーディオ機器をさわり放題しながら野球部で育つ。
音...

続きを読む

関連記事

準備中