[ Spinart(スピナート) ] - あらゆる表現者・アーティストと出逢えるサイト

Logo Mark連載記事

Logo Mark音にのせる胸のうちお芝居にオカリナを〜本番を終えて

ツルタハル

小中高を通して吹奏楽部に所属し音楽の楽しさを知る。20代から本格的に音楽活動開始。主に美術館、カフェ、レストラン、ホテル等で演奏し好評を得る。
結婚、出産を経て子育てに専念。11年...

続きを読む

お芝居にオカリナ生演奏を入れるという初めての体験。
前日、無事に終わった。
劇団スターライト初公演に出演させて頂いた。

私は暗い舞台袖で演奏だ。
そして、舞台袖から役者さん達が見えるのだ。なんて貴重な体験。
演出は、役者で出演もした鵜飼雅子さん。
オカリナを入れるタイミング、終わるタイミングは、照明、役者さんのセリフがタイミングとなる。
劇中、1時間強で、私が入るのは4箇所。
絶対に間違えてはいけないのだ。
絶対にお芝居を台無しにしてはいけないのだ。
このプレッシャーと戦いながら、
演奏した(笑)

舞台袖で感じた事。
舞台での役者さん達、
「一秒一秒を生きてる!」って感じた。
長いセリフは、時間と共に過去になっていく。
今回のこのお芝居は、
お芝居を初めてされる方がお二人いる四人の役者さんが出演。
長いセリフを暗記して、セリフだけではない。
その時の動き、表情も覚えなくてはいけないのだ。
アタシには到底無理だ。
本当にすごい。リスペクト。
みなさんのお芝居に対する情熱を感じる。
ワタシはたくさんの刺激を頂いた。
舞台袖から観る役者さん達は、照明を浴びて輝いていた。
しかし、輝いて見えたのは照明だけのせいではない。
その人自身がら、エネルギーが出ていて、それが「輝き」となっているのだ。
人は、何かを表現したいと思う時、
輝くものなのんだと感じた。
それはとてもとても素晴らしい事。
ワタシは、それを真近で見る事が出来て、本当にありがたい事だ。

初公演は大好評だった。
このお芝居を一年以上かけて指導をし、
仕上げた鵜飼雅子さん。
リスペクト!!!
ワタシはせっかちなので、中々長い目で見ることが出来ないのだけど、
こうやって時間をかけて、初公演まで持っていった鵜飼さんは本当にリスペクトだ。
そして、役者さん達もリスペクト。
諦めずに、やり切った。
本当にすごい事だと思う。

ワタシも、講師をさせて頂いているオカリナサークルで、
難しい曲をチャレンジしたいと思った。
すぐに出来なくてもいい。
時間をかけて仕上げていきたいと。

今回、とても貴重な体験をさせて頂いて、感謝している。
ワタシにたくさんの刺激を与えてくれて
ありがとうございます!

画像は、ワタシがいた舞台袖。

この記事への感想はこちらへどうぞ

この記事への感想を送る


ツルタハル

小中高を通して吹奏楽部に所属し音楽の楽しさを知る。20代から本格的に音楽活動開始。主に美術館、カフェ、レストラン、ホテル等で演奏し好評を得る。
結婚、出産を経て子育てに専念。11年...

続きを読む