[ Spinart(スピナート) ] - あらゆる表現者・アーティストと出逢えるサイト

Logo Mark連載記事

Logo Mark音にのせる胸のうちお芝居にオカリナを

ツルタハル

小中高を通して吹奏楽部に所属し音楽の楽しさを知る。20代から本格的に音楽活動開始。主に美術館、カフェ、レストラン、ホテル等で演奏し好評を得る。
結婚、出産を経て子育てに専念。11年...

続きを読む

今度、お芝居の音楽を担当させて頂く事になった。オカリナを演奏する。
劇団スターライトの初公演だ。
劇団スターライトについては、鵜飼雅子さんのこの記事を是非!
宇都宮でシニア劇団誕生!…いつまで演じる?いつまでも演じる

お芝居…これを聞いただけで、ワクワクしてしまう。
場所は、宇都宮市にある『アトリエほんまる』芝居小屋って感じが好きだ。
中に入ったことはないのだけど、
下北沢にある「ザ・スズナリ」とか、
ワクワクする。アングラな感じがしてたまらない。
表現したい人達が、エネルギーを出す場所。薄暗い芝居小屋で、自分の欲望に忠実な人達というイメージ(勝手なイメージ(笑))

でね、『アトリエほんまる』もワタシにはとても新鮮なのだ。
ライブハウスとは違うつくり。
客席は、階段のように段々になっていて、舞台の袖には黒い幕。
あーワクワクする。
そして、ワタシは役者さんにとても興味がある。
今回、ワタシが演奏をする場所は、
舞台袖だ。だから、役者さんが出たり入ったりする所が見える。
舞台に出ると、長いセリフを話しお芝居をしているが、舞台袖にくると、同じ人間に感じる(笑) 分かる?この感じ。
舞台で生き生きとセリフを言う。
まるで「ここは、ワタシの居場所なの!」って言ってるかのように。
それを見るのがすごく好き。

お芝居中、ワタシは舞台袖でひっそりしているのだが、そこは真っ暗。
前回、通りの練習に参加したのだが、
譜面台に付ける楽譜を見るライトを持っていったのだけど、
途中で、充電が切れてしまった(笑)。
なので、舞台からの少しの明かりで、
楽譜を見た。
ワタシがオカリナを入れる場所は、
台本に書いておき、
台本でお芝居の流れを見ている。
音を入れるタイミング、そして、音が終わるタイミングなど、打ち合わせをした。そして、それに照明も加わる。
役者さんの動きやセリフ、照明。
これがワタシが音を入れる時に、
重要になる。
役者さん達がセリフを覚え、お芝居をしている所に、ワタシが台無しにしては絶対にいけないのだ。
主張しすぎてもいけない。邪魔をしてはいけない。
お芝居を引き立てる演奏がしたいと思う。

公演は、4月18日 2回公演。
お芝居に入れるオカリナ。舞台袖での演奏。初めての経験だ。
上手くいきますように…。

この記事への感想はこちらへどうぞ

この記事への感想を送る


ツルタハル

小中高を通して吹奏楽部に所属し音楽の楽しさを知る。20代から本格的に音楽活動開始。主に美術館、カフェ、レストラン、ホテル等で演奏し好評を得る。
結婚、出産を経て子育てに専念。11年...

続きを読む