[ Spinart(スピナート) ] - あらゆる表現者・アーティストと出逢えるサイト

Logo Mark連載記事

Logo Markなにか創るとうれしくてSpinartにあらゆるジャンルを掲載するわけ

紫水勇太郎・清水 豊

株式会社4DT 代表取締役
株式会社ワークス 代表取締役
Spinart運営者


1966年、栃木県生まれ。

株...

続きを読む

「Spinartってさ、ホントいろんな人が載ってるけど、これさ、もっとちゃんとジャンルを絞った方が分かりやすくなるんじゃない?」
 …というようなアドバイスを頂戴することが、まぁ何度かございまして、それだけ見ていただいているということなのでとてもありがたいなぁと思いつつ、大変申し訳ございませんが、そこのところは今のまま行かせていただきたいなぁと思っているということで、それはなぜかというお話です。

 いやね、確かに「音楽特化サイト」とか「ヘヴィメタル専門サイト」とか「ギタリストのための」とか、ターゲットをぎゅぎゅっと絞れば、それだけそこに深く愛を持った方々が集まりやすくなると思うんですが、でもそれってもうあるしね。自分がいくらハードロックやメタルが好きだからと言っても、今ここから天下の「BURRN!」誌様とかにかぶるようなことをしても、ちょっとその先のイメージが湧きにくいなぁと思うんですよ。

 でね、自分はどうかと考えれば、前に書いた通りハードロックやメタルが好きなわけですが、それだけじゃなくてね、音楽なら海外国内を問わず、ポップなものからフォークやらジャズやらクラシックやら民族音楽的なものだったりやたらと前衛的なものだったり、まぁほんと気がつけばいろいろなものを聞くんですよ。恥ずかしながらアイドルだって聞きます。
 それも音楽だけじゃなくて、写真を撮るのが好きだったり、絵は観るのも描くのも好きだし、映画を観るのは本当に大好きだし、動画制作は仕事でもやりますし、立体造形物が創れる人には憧れを感じますし、歌詞を書くということもあってか(浅いながらも)物語も読むし詩も読むし俳句短歌もけっこう好きだったりしますし、解説本ばかりですが著書もあるし、まぁいろいろなことに興味関心があるわけですね。
 で、それぞれが自分の中に独立してあるのではなく、関係しあっているから、これらいくつものことが影響しあって自分の引き出しになっているという次第です。

 これって他のみなさんもそうなんじゃないかなぁと思うんですよね。
 そりゃね、とにかくその道一本に特化してめちゃくちゃ深掘りしている方もいらっしゃると思いますよ。そういう方は本当にすごいと思いますし尊敬しますし憧れますが、でも世の中的にそういう人って、やっぱり限られた方々なんじゃないかなと思うんです。

 だったら、例えばメタルが好きという方がね、ちょっと気になるメタルバンドを私たちの「Spinart」で発見してページを見たら、その並びにちょっと気になる絵描きさんが掲載されていて、ついついそちらもちょっとのぞいてみた、なんてことが起こってもいいと思うんですよ。で、見たらハマって、その方の作品をその後も見るようになったり、その方に連絡してみようなんて広がっていったら、それこそ本当にうれしいなと思います。
 しかもそういうことが起こると、そのご覧になった方にとってもまた一つの引き出しが追加されて、ちょっとだけかもしれないけれども人生が豊かになるようにも思います。もしその方がご自身でもなにか創っている方なら、この小さな出逢いが、また新しいインスピレーションを生み出すかもしれないと考えたら、その価値は計り知れないと思うんですよね。
 でさ、(どんどん妄想ばかりが膨らんでますけど)そういう方々がコラボレーションなんてしちゃって、また別の新しいなにかを生み出すなんてことになったらさらにさらにめちゃくちゃうれしいじゃないですか。

 まぁこんなうまい話はなかなかないだろうなぁとは思いますけど、それでも、いろいろなアーティストさんや表現者さんをいわば雑多に掲載することで、その可能性は高まるんじゃないかなぁとは思うんですよ。ですので、まぁおそらくは経済的な効率から考えればちょっとダメな選択なんだろうなぁとは思いつつも、こんな形態にしているという次第です。

 ですのでもしよければですが、ご覧いただくみなさんには是非、普段はあまり興味を持っていないジャンルの方のページもちょっとのぞいてみていただければと思います。もちろん、ご覧いただいて好きか嫌いかはもうみなさんの感じたままでいいと思います。というか逆に、
「これけっこう好きかも。」
とか、
「これはないわぁ。」
とか、なんらか感じていただくことの方が重要で、感じていただくことでその作品がご覧いただいた方の中で別のカタチで活きてくると思いますし、もしいいと思ったならそれをコメント等に書いていただければ、その気持ちが作り手を励ますことにもなると思います。さらには、ご自身がなぜその作品に対してそう感じたのかと自問してみると、そこから自分を知るというまた一つの探究が始まるとも思いますし、まぁホント、ただなんとなくページを見るだけでも、だいぶ色々なことが考えられるなぁなどと思ったりもします。
 まぁでももちろん、自分の好きなジャンルのアーティストさんたちを拾い見ていただくということでもまったくOKとは思いますんでね、あまり身構えないでいただいてとは思いますが、まぁ、「Spinart」というメディアは、なんだかちゃんと絞り込みもせずに多種多様な方がごわぁ〜っと掲載されているサイトだなぁということで面白がっていただいて、もしよければちょっとのぞいていただければ本当にうれしくて、その上でなにかを感じていただければより一層うれしいなぁというお話でした。

 これだけを言うのに文章が長い?…すみません。実物の私はこの文章からお察しいただける通り、だいぶおしゃべりな上に話も長いオヤジです…それってめんどくさい奴じゃん!…すみません…。

関連記事
効果的なアーティスト紹介ページ〜からのWebメディアについてのお話
Spinart(スピナート)を始めた動機(のほんの一部w)
まずはご挨拶を兼ねて

※写真は、もう何年も前の晩秋に、東京の湯島天神で撮った一枚。
こういう写真を見ると、改めて自分は、水に映ったなにかとかが大好きなんだなぁなんてことを思ったりします。
ちなみにこの時は動画も撮っていて、その動画は、楽曲「よく見る夢解けない謎」のMVの冒頭部分に使用していますので、よろしければご覧ください。
※使用カメラ&レンズ:Canon EOS 6D + EF24-70mm F2.8L II USM
MV「よく見る夢解けない謎」

「Spinart(スピナート)」では、活動・運営・ブランディング・プロモーション等相談も受け付けています。
活動・運営・ブランディング・プロモーション等相談受けます

この記事への感想はこちらへどうぞ

この記事への感想を送る


紫水勇太郎・清水 豊

株式会社4DT 代表取締役
株式会社ワークス 代表取締役
Spinart運営者


1966年、栃木県生まれ。

株...

続きを読む

関連記事

準備中