Logo Mark執筆者

Logo Mark白砂勝敏(Shirasuna Katsutoshi)

1973年生まれ 静岡県出身 造形家/演奏家 農業高校造園科卒業 美術音楽共に独学。
パーカッション ディジュリドゥ奏者。

二十代前半人生は一度きりだと腹をくくり、やりたい事しかやらないと決め今のところそのまま25年程押し通している。

ターザンになりたいと本気で思い西表島のジャングルの中で数か月を過ごすが、やはり時折おそわれる物欲(アイス食べたい)に逆らえず挫折。
その後は造園業や大工をしながら、毎年一年の半分以上を国内外を放浪していた20代。

旅先でディジュリドゥと出逢い制作と演奏を独学で開始する。

35歳の時(2008年)、美術館で声をかけられ、2008年、モンミュゼ沼津(沼津市立美術館)にて初個展(館企画)これが自分の人生とアートとの衝撃的な出逢いだった。

その後2019年4月末まで、企画個展33回、グループ展65回、と個展を中心に様々な作品を発表し続けている。


着想を追及していくと作品が生まれる

それはその都度違うので 石、樹、土、ガラス、金属、陶等、色々な表現方法になり
規定概念に囚われることなくその時々に出逢う様々な個体の特性を生かし
その素材と対話しながらの創作を心がけている

音楽においても、壊れた楽器をオブジェや什器等に作り変えたり
様々な素材で楽器を製作し自ら演奏も行う
楽器としての時間芸術と彫刻としての空間芸術を合わせた展示を行う

生活と創作が同時進行な人生なので
創作と音楽も自ずと融合していく
ただ創りたくて創りたくて仕方がなく
目に見えない感情や感覚、言葉になる前の衝動を具現化しているのだと思う


白砂勝敏の作品・詳細紹介はこちら。
アーティスト紹介・白砂勝敏


作家HP
造形家 白砂勝敏

SNS等展示情報やライブ情報随時UPしております。
フォローしていただけましたら幸いです。
よろしくおねがいいたします。
Facebook Twitter Instagram アメブロ


展示依頼 購入希望はこちらまでご一報ください。
展示依頼等お問い合わせ

連載小説・空虚な石(仮)4. 父(2)

スピナート文芸部

水彩画を描いている時雪の絵を描いた日

村田收(ムラタオサム)

連載小説・空虚な石(仮)4. 父(1)

スピナート文芸部

脳内伝言板ディジュリドゥとの出逢い (2)

白砂勝敏(Shirasuna Katsutoshi)

連載小説・空虚な石(仮)3. 叔母(3)

スピナート文芸部

脳内伝言板ディジュリドゥとの出逢い (1)

白砂勝敏(Shirasuna Katsutoshi)

連載小説・空虚な石(仮)3. 叔母(2)

スピナート文芸部

音にのせる胸のうち書くこと

ツルタハル

脳内伝言板地図のない旅 (9) 青森ねぶた祭り

白砂勝敏(Shirasuna Katsutoshi)

連載小説・空虚な石(仮)3. 叔母(1)

スピナート文芸部

音にのせる胸のうち多重録音

ツルタハル

脳内伝言板地図のない旅 (8)

白砂勝敏(Shirasuna Katsutoshi)

The Great Journey3度目の挑戦

沢木 優

連載小説・空虚な石(仮)2. 黒い人(4)

スピナート文芸部

脳内伝言板つくば国際アーティスト・イン・レジデンス

白砂勝敏(Shirasuna Katsutoshi)

連載小説・空虚な石(仮)2. 黒い人(3)

スピナート文芸部

連載小説・空虚な石(仮)2. 黒い人(2)

スピナート文芸部

脳内伝言板地図のない旅 (7) 今はなき鳥沼キャンプ場

白砂勝敏(Shirasuna Katsutoshi)

連載小説・空虚な石(仮)2. 黒い人(1)

スピナート文芸部

連載小説・空虚な石(仮)1. 母(5)

スピナート文芸部

脳内伝言板地図のない旅 (6) 日本最北の離島・礼文島

白砂勝敏(Shirasuna Katsutoshi)

脳内伝言板地図のない旅 (5)

白砂勝敏(Shirasuna Katsutoshi)

連載小説・空虚な石(仮)1. 母(4)

スピナート文芸部

脳内伝言板地図のない旅 (4)

白砂勝敏(Shirasuna Katsutoshi)

水彩画を描いている時沖縄の海を描く

村田收(ムラタオサム)

音にのせる胸のうちイメージ

ツルタハル

連載小説・空虚な石(仮)1. 母(3)

スピナート文芸部

なにか創るとうれしくて僕が僕であるために

紫水勇太郎・清水 豊

音でつながる愉快なあれこれnanaとの出会い

後藤英智(ゴトウエイチ)

脳内伝言板地図のない旅 (3)

白砂勝敏(Shirasuna Katsutoshi)

音にのせる胸のうちひとり時間

ツルタハル

連載小説・空虚な石(仮)1. 母(2)

スピナート文芸部

音でつながる愉快なあれこれベースとの出会い

後藤英智(ゴトウエイチ)

なにか創るとうれしくてそんなん誰が聞くねん

紫水勇太郎・清水 豊

連載小説・空虚な石(仮)1. 母(1)

スピナート文芸部

音でつながる愉快なあれこれ音楽との出会い

後藤英智(ゴトウエイチ)

脳内伝言板地図のない旅 (2) 2000キロを飛来する蝶

白砂勝敏(Shirasuna Katsutoshi)

水彩画を描いている時湖と小舟

村田收(ムラタオサム)

脳内伝言板地図のない旅 (1)

白砂勝敏(Shirasuna Katsutoshi)

音にのせる胸のうち作詞 その2

ツルタハル

音にのせる胸のうち作詞 その1

ツルタハル

脳内伝言板ターザンになりたい〜西表島へ後編

白砂勝敏(Shirasuna Katsutoshi)

脳内伝言板ターザンになりたい〜西表島へ前編

白砂勝敏(Shirasuna Katsutoshi)

なにか創るとうれしくて1914-元ネタはRainbow

紫水勇太郎・清水 豊

脳内伝言板アートとの出逢い〜前回の続き

白砂勝敏(Shirasuna Katsutoshi)

脳内伝言板アートとの出逢い

白砂勝敏(Shirasuna Katsutoshi)

音にのせる胸のうち作詞作曲

ツルタハル

水彩画を描いている時交差点

村田收(ムラタオサム)

音の庵温故知新の日々。

たなかまさや。

水彩画を描いている時自己紹介・留学からYouTubeまで

村田收(ムラタオサム)

音にのせる胸のうち大切なもの

ツルタハル

音の庵スピーカーのお話し。

たなかまさや。

音の庵ヘッドフォンのお話し。

たなかまさや。

音の庵1982

たなかまさや。

音の庵はじめまして。

たなかまさや。

なにか創るとうれしくてまずはご挨拶を兼ねて

紫水勇太郎・清水 豊